2017年04月14日

イランに敗戦

■ロシアW杯アジア最終予選 3/27@テヘラン
イラン1-0中国  46Taremi

−−−−−−−−−−−−9張玉寧−−−−−−−
18郜林-----20張稀哲--------22于大宝---
−−−−−-10鄭智-------15呉曦------
4姜至鵬−6馮瀟霆−3梅方−5張琳芃
------------1曽誠-----------------

HT’張玉寧→7武磊 張稀哲→16黄博文 48’呉曦→17尹鴻博


IRAN:1-Beiranvand;21-Ghafouri(75'23Rezaeian)8Pouraliganzi、15Montazari、2Mohamadi;6Ezatolahi、7Shojaei、18-Jahanbakhsh(88'Amiri)9Emrahimi、17Taremi;16-Ghoochannejhad(72'20Azmoun)

連勝を狙ったが、アウェイ・アザディスタジアムでのイラン相手は厳しく0-1で敗戦。
リッピはFW3人を先発させ、強気な采配。前半は曽誠の攻守など0-0で耐えたが、HTで2人交代すると後半開始30秒で失点&この流れで呉曦が負傷交代で交代枠使い切ってしまうという不運。
その後もイランに押し込まれながら時折反撃を見せた。終盤CKから梅方のドフリーヘッドが決まっていれば・・
しかし内容的には0−1でよくすんだ内容、リッピをしても実力差は如何ともし難く、納得の敗戦か。

これでイランはグループ首位&2位に勝ち点差7とW杯出場はほぼ確定。何より最終予選7試合無失点は脅威的。
ティムリアンとデジャガーが選外、アズムンを温存し(途中交代)それでもオランダリーグで得点量産するグーチャジネハドがいて、オリンピアコスのアンサリファルドは出番なし。この攻撃陣はアジア屈指
GKベイランバンドのロングスローも印象的だった、ロングスローで即攻撃のチャンスを作れる、驚異的な存在。

中国は勝ち点5で5位、プレーオフ圏内の3位ウズベキスタン(12)と7点差だが、シリア戦・ホームでの直接対決を連勝すればウズベクはアザディでイラン&韓国戦を残しているため充分逆転の可能性はある。
韓国に負けていれば敗退決定だった、1勝してて本当によかった。おかげでまだ少し夢を見ることができる・・
posted by ZZ at 11:42| Comment(2) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

最終予選初勝利! 1-0韓国

■ロシアW杯アジア最終予選 3/23@長沙
中国1-0韓国  于大宝35
image.jpegimage.jpeg


前半35分王永珀のCK→于大宝のヘッドで先制すると、それを守りきり最終予選初勝利。
対韓国の国際Aマッチは2010年東アジア選手権以来の勝利、あまりにもあまりにも大きな勝利を挙げた。
image.gifimage.jpeg

スタメン、地元長沙出身の黄博文とコンディション不良か于海がメンバー外になったのは驚き。
それ以上に于大宝のCF起用は意外だった、北京国安ではブラク(トルコ代表)の控えに甘んじておりノーインパクト。しかし彼は代表のラッキーボーイで、2013年に長沙でのアジアカップ予選(1-0イラク)で決勝点あげるなど代表での実績はあるが結果的にこの抜擢が幸いした。

韓国は中超所属のチャンヒョンス(富力)ホンジョンホ(江蘇)がCB、特に前者は外国人枠削減の影響でクラブでまだ出場しておらず試合勘が懸念された。

−−−−−−22于大宝−−−−−−−
14王永珀-----20張稀哲--------7武磊---
−−-10鄭智----------11蒿俊閔------
4姜至鵬−6馮瀟霆−3梅方−5張琳芃
--------------1曽誠-----------------

46’武磊→15呉曦 60’14王永珀→17尹鴻博 76’于大宝→19張玉寧

−−−−−−−18LeeJeonghyeop−−−−−−−
11JiDongwon−13KooJacheol−−−−10NamTaehee
−−−16KiSungyong−−8KohMyongjin−−−
3KimJinsoo−15HongJeongho-20JangHyunso−2LeeYong
−−−−−−−−1KwongSuntae−−−−−−−−−

46’LeeJeonghyeop→9KimShinwok
66’KohMyongjin→19HwangHeechan
84’NamTaehee→17HeoYongjoon

試合内容については省略するが、筆者が現地観戦した9月のイラン戦と比べ遥かに均衡した内容。
迫力ある韓国の攻撃にピンチもあったが、なぜか不思議と危なげを感じなかった。

MOMは馮瀟霆の声が高い、中国最高のCBながらこれまで代表では不遇の印象だったが、この日のパフォーマンスは広州恒大で時と同様素晴らしかった。正確な読み、ヘディング、だけでなく攻撃面でも貢献しベッケンバウアーになぞらえる声も出るほど。
image.jpeg

忘れてならないのはマエストロ、マルチェロ・リッピ。結果論ながら最終予選最初から彼がいれば・・と思わざるを得ない
スクリーンショット 2017-03-23 22.31.41.png
image.jpeg

長沙でのAマッチは過去パラグアイを破るなど4勝4分と無敗の聖地、伝説は継続された。
この大きな勝利の現場に立ち会った球迷を心から羨ましく思う。
スクリーンショット 2017-03-23 22.29.29.pngスクリーンショット 2017-03-23 22.29.26.pngスクリーンショット 2017-03-23 22.29.20.pngスクリーンショット 2017-03-23 22.28.57.pngスクリーンショット 2017-03-23 22.29.12.png
image.jpeg

この初勝利で勝ち点5、なんとか望みをつないだ。今後の奮闘に期待したい
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
posted by ZZ at 00:19| Comment(5) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

2017ACLGL第3節 全チーム首位で折返し

2017ACL グループリーグ第3節

3チームともに首位、通算7勝2分と圧倒的な成績。東西通じて3連勝は上港、江蘇のみ
川崎に取りこぼすなど2分けの恒大が足を引っ張る状況に

広州恒大 1-1 川崎フロンターレ Alan26 小林悠95pk
恒大は痛恨のドロー、押し込んだ前半でアランの1点に止まったのが惜しまれる。後半疲労からか足が止まり川崎に押し込まれ、ロスタイムに于漢超のハンドから同点弾PKを献上してしまった。ホームで負けに等しいドロー、昨年の浦和戦(2-0から追いつかれた)を思い出し、アウェー等々力で敗れれば昨年の再現(GL敗退)までありうる。恒大にとってアジア王者奪還への道のりは遠い

広州恒大: 曾誠;梅方、張琳芃、馮粛霆、Paulinho、鄭智(76分張成林)、Goulart、黄博文(64分廖力生)、于漢超、鄒正、Alan(82分郜林)
川崎フロンターレ: Jong Sungryong;井川祐輔(60分長谷川竜也)、車屋紳太郎、板倉滉(34分森本貴幸)(82分三好康児)、登里享平、谷口彰悟、阿部浩之、大島僚太、中村憲剛、Eduardo Netto、小林悠

ガンバ大阪 0-1 江蘇蘇寧  Ramirez39
RogerMartinezを負傷で欠きながらも、吉翔→ラミレスの豪快ミドルを守りきり敵地で勝ち点3を獲得。3連勝で初のGL通過は大きく近づいた

ガンバ大阪:鈴木椋大;三浦弦太、Dabio、藤春廣輝、金正也、今野泰幸(76分泉澤仁)、初瀬亮(61分堂安律)、遠藤保仁、倉田秋(88分Oh Jaeseok)、Ademilson、長沢駿
江蘇蘇寧:張思鵬;李昂、周云、呉曦(86分張暁彬)、Hong Jeongho、楊笑天、Ramirez、劉建業、吉翔(90分戈偉)、Alex Teixeira、陶源(77分楊博宇)

上海上港 3-2 浦和レッズ 石柯10Elkeson45Hulk52 RafaelSilva73pk遠藤航85
FKから阿部のクリアが石柯への絶妙アシストになる幸運な先制点を得ると、浦和を圧倒し前半ロスタイムに飛び出した西川の隙をつきエウケソンの追加点。後半にはフッキが個人能力の高さを遺憾なく発揮し3-0で勝負あり。しかし終盤浦和に2点を返され冷や汗をかいたが、江蘇とともに3連勝

上海上港:
顔駿凌;張衛、王燊超、傅歓、石柯、蔡慧康、Oscar(90分于海)、Elkeson、Ahmedov、武磊(89分呂文君)、Hulk
浦和レッズ:
西川周作;宇賀神友弥、槙野智章、遠藤航、森脇良太、青木拓矢(46分柏木陽介)、駒井善成、阿部勇樹、李忠成(65分武藤雄樹)、Zlatan(46分Rafael Silva)、興梠慎三(90分)
posted by ZZ at 09:49| Comment(2) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする