2016年08月29日

【久々に欧州組】張玉寧、林良銘

■たまには欧州組特集

欧州クラブ所属の中国人選手、数は多いけど殆どはユースやBチーム。
そんな中から注目の2名をピックアップ


張玉寧(张玉宁 Zhang Yuning)1997.1.5 CF Vitesse(オランダ1部)
https://en.wikipedia.org/wiki/Zhang_Yuning_%28footballer,_born_1997%29
yuning-zhang.png
浙江省出身、育成に定評ある地元の杭州緑城出身。同姓同名の元代表FW(1976生まれ)がいるのでユース時代から噂になった。
2015年フィリップ・トルシエによりトップチーム抜擢されカップ戦1試合出場し初得点記録。
ただ国内リーグは外人FWの壁を越えられず出場ないまま、昨年夏にオランダへ渡り、2月にトップチームデビュー。
15/16シーズンは8試合(2試合先発)2得点、短い出場時間で印象を残し今季から背番号9を背負う。
PSMではシャフタール・ドネツクから得点決めたり、太田宏介のアシストでゴールするなどスタメンいけそうだったが開幕直前にファンフォスウィンケル(元オランダ代表)加入によりサブに降格。開幕以来3試合連続途中出場しておりスーパーサブ的役割。

185cmの典型的CFでアジアユース予選ではフィジカルに長ける北朝鮮をも圧倒。U19代表のキャプテンでエースだが、国産CFが枯渇する国内の事情もあり1月のリオ五輪予選ではU23代表レギュラー勤め、6月にA代表デビュー&2得点、来るW杯最終予選でも出場が有望視されているまだに期待の新星。
16/17シーズンは所属クラブ/代表の最終予選/U19アジアユースの3面を抱えコンディションが心配だが、同世代で国内に残った選手より素材や機会に恵まれており、大成して欲しい。


林良銘(林良铭 Lin Liangming)1997.6.4 WG RealMadrid.Castilla(スペイン3部相当)
https://en.wikipedia.org/wiki/Lin_Liangming
lin.jpg
広東省出身、地元の広州富力で育ち、2015年夏に20万ユーロでレアル・マドリードと契約。
1年目はU19(Juvenil.A)でリーグ戦5得点記録、U19欧州CLにも出場した。活躍認められ今季は2軍相当のカスティージャに昇格。、
開幕から2戦連続ベンチいり、開幕戦では終了間際にデビューするとロスタイムにドミニカ代表ディアス(Sergio Díaz')の決勝点をアシストした。
前述のディアスはトップチームでリーガデビューしており、主戦場は左ウィングだが、攻撃的中盤にはノルウェーのウーデゴール(Martin Ødegaard)や監督の息子であるエンツォ・ジダン(Enzo)ら他にもライバル多いが
逆に言えばカスティージャで活躍すればディアスのようにトップ昇格の道も開ける。
河北華夏幸福が最近林に対して高額オファー提示したが、レアルマドリードは拒否。このニュースが彼への期待を物語る


2人の共通点としては、1997年生まれ。即ち今年のアジアユース〜2020東京五輪の該当世代となる。
中国のユース世代は2005年を最後にU17,U20とも世界大会出場出来ていない。五輪予選にいたってはロンドン世代は最終予選に進めず、リオ世代はGLで3連敗とボロボロ
この"東京五輪世代"は前述の2人含めメンバーの過半数が国外組。国内組でもザッケローニにより17歳でリーグ戦出場したFW单欢欢(北京国安)、ACL出場したFW胡靖航(上海上港)ら有望選手多く期待される。先輩たちの悪い例を見習わないよう成長してほしいもの
posted by ZZ at 13:19| Comment(0) | 国外組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

河北華夏幸福、李鉄監督解任。後任はペジェグリーニ!

河北華夏幸福(Hebei China Fortune)は8月27日、李鉄(Li Tie)監督に代わる新監督を発表。チリ人のペジェグリーニ(Manuel Pellegrini)の監督就任を発表。
つい昨シーズンマンチェスター・シティを欧州CL準決勝に導き、その前はレアル・マドリード、ビジャレアル、リバープレートといった名門を率いた説明の世界的名将。
Pellegrini Hebei.jpg

・背景
河北は昨年華夏グループが入ったことで金満化、中甲(2部)中下位だったクラブは監督にセルビアの名将ラドミール・アンティッチ、他にも補強。しかし調子を落とした昨夏にアンティッチを解任し李鉄が就任。レアルマドリード、バルセロナ、アトレティコ全て率いた世界的名将を解任し、初監督の自国人を就任させたのは驚きだった。
李鉄はそこからチームを立て直し、終盤8連勝でチームを初の中超(1部)昇格に導く。

金満化した河北は既報の通り、ローマからコートジボワール代表ジェルビーニョ(Gervinho)、パリサンジェルマンからアルゼンチン代表ラベッシ(Lavezzi)、カメルーン代表キャプテンのエンビア(M'bia)、アジア枠で豪州国籍もつトルコ代表DFギュリュム(Ersan Gülüm)と大型補強。序盤戦は好調で上位争いに絡んだが、夏場に急激に調子を落とし最近10試合で1勝のみと調子を落としていた。しかしまだ5位、昇格組としては十分な順位でありACLはまだ狙える段階での交代劇は個人的に意外

李鉄は現役時代日韓W杯出場しイングランド・プレミアリーグ(エバートン)でプレー、2012年引退後広州恒大でマルセロ・リッピの元でアシスタントとして修行し、初監督の375日で勝率52%。チームを初昇格に導き、上位争いをできたのは国産監督として誇らしい成績と思う。かつ金洋洋,桂宏、高准翼(元カターレ富山、アビスパ福岡)ら国産の若手を積極的に登用、広州恒大でくすぶっていた董学升をCFで起用しブレイクさせた。もっと長く率いて欲しかったが

夏場の低迷は李鉄云々より、外人選手の不振が大きいと思う。前述の大物外人のうちエムビア除く4名は物足りないパフォーマンス。最高額で現役アルゼンチン代表のラベッシはコパアメリカの怪我で後半戦登録抹消(昨年中超リーグ得点王のAloisioを山東から代役に補強)、ジェルビーニョは序盤戦は別格のパフォーマンスだったが怪我やラフプレーによる出場停止で欠場が増えた。かつてチェルシーなどに在籍したカクタは前述の2名に比べ明らかに物足りず。ギュリュムに至っては怪我や低いパフォーマンスで中国人DFの控えに甘んじている。
ここ最近はエムビア&夏加入したばかりのアロイージオの2人だけと言う状況、良くも悪くも「外国人選手」次第な中超ではあまりに厳しかったようだ。逆に言えば中国人選手の選手層の差ともいえようが(昨年の広州恒大は同じような状況でリーグもACLも両立できたため)


ペジェグリーニは現在中国にいる監督としてはスコラーリ、マンサーノ、エリクソンらに伍する世界的名将。中国と適応するかはやってみないとだが、彼の指揮官としての実力や経験が河北だけでなく中国サッカー全体に好影響を及ぼすことを期待したい。
posted by ZZ at 23:04| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

2016ACL準々決勝 1st 韓中決戦!

■ACL準々決勝 1st
ACLが再開、東地区は韓中決戦(サッカーにおいては韓国がはっきり格上なのでリスペクト)合間に代表戦もあり
この5連戦はバブルで成長?した中国と天敵韓国との差を図る大きな連戦


・上海上港 0-0 全北現代(韓国) 16/8/23

---------------21于海--------------------
9Elkeson--ー--11呂文君--------7武磊--
----------6蔡慧康----4王燊超----------
32孫祥(c)-------------------------23傅歓
-----14KimJuYoung--27石柯----
------------------1顔駿凌-----------------

HT'孫祥→18張一 77'Kim→28賀慣 80'呂文君→15林創益

上港はホームで勝てなかったのは遺憾だが、フッキ、コンカが負傷欠場ながらKリーグ王者にアウェイゴール与えず、最低限の結果。
エリクソンはCFに于海を起用(普段はボランチor左MF)、韓国勢相手にフィジカルに長けた于海の起用は結構当たってたと思う。コンカの代役務めている呂文君は再三好機を演出、武磊が何度かあった決定機をモノに出来なかったのは惜しまれるが、試合終了時ピッチにいた11人中8人が下部組織出身で、大舞台で全北相手に互角に戦ったのは立派。

ただ2ndではエウケソンが出場停止、コンカは今季絶望、負傷交代の孫祥とキムジュヨンは大事なさそうだが、武磊、蔡慧康は代表戦を挟み、満身創痍の状況でアウェイに乗り込む。
頼みは「5500万€の男」フッキ、エリクソン監督は三週間後の2ndでの復帰を明言したが、加入以来15分しか出ておらずコンディション、コンビネーションの不安があり過度な期待は禁物か。

全北現代(4-4-2):1-権純泰;25-崔撫~、3-金亨益、16-趙星桓、19-朴源載;17-李在成、5-李浩(50’99-金信U)、13-金甫Q、10-Leonardo(72’18-高武烈);20-李同国(C)(64’81-Edu)、11-RicardoLopes


・FCソウル(韓国)3-1山東魯能 16/8/24
Damjanovic19ParkChuyoung31Adriano69 Montillo35

------------------7Pelle-----------------------
-------11劉彬彬--------10Montillo-------
---22蒿俊閔--33金敬道(81'退場)--35戴琳------
13張弛--------------------------24斉天羽
------------4Gil--------6Jucilei--------------
----------------23王大雷-------------------
67'劉彬彬→17呉興涵 67'戴琳→3李松益 87'張弛→31宋龍

首尔 FC队:31-柳相勲;88-李奎鲁(46分 13-高堯韓)、55-郭泰輝、5-Osmar Barba、27-高光民;14-趙璨鎬(60分11-Adriano)、2-高萩洋次郎、25-李碩賢、17-尹日録;9-Damjanovic、10-朴主永(85分19-尹柱泰)

山東はGLのリベンジならず、モンティージョのFKで一点アウェイゴール返したのが希望。アドリアーノ(元大連)ダミヤノビッチ(元江蘇、国安)と中超所属経験ある二人に決められた。かつ金敬道の二枚目退場で万事休す。一枚もらってる状況で余計な足だしは残念。ACLデビュー戦だったイタリア代表ペッレも真価発揮出来ず完敗

これで山東は2009年ソウルに勝利したのを最後に韓国勢に3分9敗、、二戦目に向けて名将マガトはいかに"恐韓症"を克服するだろう?

2ndは一ヶ月後の9/23,9/24 山東はやや厳しく、上港はフッキ頼みますって感じ>
posted by ZZ at 23:39| Comment(2) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする