2017年07月23日

中超首位決戦、ゲストにCロナウド

2017.7.22@上海体育場

上海上港VS広州恒大の首位決戦に行って来た。

資金力、戦力などのみならず、試合前時点で恒大(勝ち点40)上港(39)で首位と2位、3位の天津権健(31)以下と差をつけておりこの両チームが優勝、準優勝を分け合うことは必至。かつ来月にはACL準々決勝でも対戦する。
まさに天王山の大一番




・・・のはずが、スペシャルゲストの到来で趣旨が変わった



クリスティアーノ・ロナウド
fullsizeoutput_13a7.jpeg

同日に上海市内のNIKEショップに出現しているので、NIKE関係のスポンサーイベントがメインかと
その影響からか、チケットも高騰。筆者は5日ほど前にネットで購入したが本来50元のチケットは売値180元に高騰していた
2017-07-23 12.02のイメージ.jpg

ここ数日の上海は異様な暑さで、この日も最高気温は40度超え。試合開始前のスタジアムも夕方ながら36度あり、蒸し風呂にいるような感覚に
緯度的にだいぶ南にある広州、香港は30度くらいなのに・・
筆者は長く東京で過ごしたが、湿度は東京が上だが気温は上海が上で、かつ上海は夜の湿気も高い分より辛い印象

2017-07-22 23.59のイメージ (3).jpg2017-07-22 23.59のイメージ (1).jpg

とりあえずスタジアム入り
2017-07-22 23.59のイメージ (2).jpg2017-07-22 23.59のイメージ.jpg2017-07-22 23.58のイメージ.jpg

ロナウドの件もあり、用心して試合開始1時間以上前に入ろうとタクシーに乗ったが交通規制がかかり途中下車。

試合前、選手入場前にロナウドの入場セレモニー。スタジアムは当然大歓声
2017-07-22 23.59のイメージ (11).jpg

ロナウド入場後、大きな垂れ幕が。
2017-07-23 11.55のイメージ.jpg

試合前にはポルトガル代表での恩師、恒大監督のスコラーリと抱擁
ピッチでは簡単な中国語で挨拶し、代表・レアル・マドリードで同僚だった上港のリカルド・カルバーリョ、恒大の張文サ(なぜ?)と記念撮影

e5cc-fyiiahy6868489.jpg

その後退散し、試合終了前に早めに退散してようで試合後も出待ちの混乱はなかった模様。

両チームのメンバー
2017-07-23 12.06のイメージ.jpg

上港はオスカル、傅歓が出場停止。
--------------Elkeson---------------
---武磊-------------------Hulk------
------Ahmedov-------張華晨--------
--------------蔡慧康--------------
張衛-----石柯------賀慣-----王燊超
-------------顔駿凌------------------

恒大は鄭智が出場停止(審判との握手拒否で4試合・・)代わりにパウリーニョがキャプテン
外国人は先発2人、ベンチにはアランと負傷から復帰したキムヨングォン。規則上一試合3名しか起用できないため
展開次第でどちらかを途中投入する意図か
--------------郜林---------------
---于漢超----Goulart-----温家宝----
------ Paulinho------黄博文--------
鄒正-----馮粛霆------梅方-----張琳芃
-------------顔駿凌------------------


前半は0-0,お互いチャンスはあったが決めきれず
U23枠の温家宝、張華晨は共に20分前後で交代。張華晨→林創益、温家宝→アラン(Alan)

後半試合が動く、51分カウンターからアランが先制点。
fullsizeoutput_13ad.jpeg

上港も58分同点、武磊のシュートは張琳芃に当たりゴールイン。1-1
fullsizeoutput_13ae.jpeg

69分恒大が勝ち越し、郜林のクロスに于漢超が合わせた。
fullsizeoutput_13ab.jpeg

しかし起点となったプレーは王燊超に対するファウル気味のプレー、そのまま失点に繋がったことで

上港サポーターは常用の合唱「We will rock you 」のrockをF***に変えて合唱をし始めた。
fullsizeoutput_138a.jpeg

72分上港はサイドバック張衛→FW呂文君を投入、中盤の林創益を右SBへ。その林創益も82分に負傷すると于海を投入し上港は3バックに
それが功を奏して85分に上港同点。フッキが右サイドに振ると武磊が流し込んで2−2

fullsizeoutput_13ac.jpeg

その後恒大は劉健を投入し守備を固めるが、ロスタイム直前にエウケソンの突破を許し馮粛霆が止めるも、このプレーは一発退場でもおかしくなかった。これで得たFK、フッキの シュートは枠外。今日は彼の日ではなかったか
そのまま2−2で終了

試合後、選手バス出口を上港サポーターが取り囲み、主審や恒大選手に対し罵詈雑言を浴びせていた。
2017-07-22 23.59のイメージ (9).jpg

確かに于漢超の得点前のプレー、終了間際のエウケソンに対するファウルなど主審に疑問はあったが
2-2のドローはアウェイの恒大はもちろん、上港としてももなんとか凌いだ感がある。全体的にアウェイの恒大が支配率、シュート数も上回っていたしどこか余裕を感じた。少なくとも勝ち点差4→1でしのいだが
上港は昇格後対恒大10試合で未だに勝利がない。来たるACL準々決勝に向けて苦手意識払拭したいところだったが

fullsizeoutput_13a9.jpeg
fullsizeoutput_138c.jpeg
MOMは2得点の武磊、今期リーグ戦12点目。純粋なFWではないが過去5年連続二桁得点で中国人選手得点王、かつ上港ではフッキ、エウケソン、かつてはコンカ、ギャン、ヒュセンといった協力外人FWがいながら毎年トップスコアラーになっており、すでに上港の象徴的な存在になっている。07年李金羽以来の国産得点王を期待したい。
それ以上に代表でもっと頑張って欲しいなあと・・

d29e-fyiiahy6868182.jpgfullsizeoutput_13af.jpeg
posted by ZZ at 13:48| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

■張玉寧、5大リーグ進出。ブレーメンへレンタル移籍

■張玉寧、5大リーグ進出。ブレーメンへレンタル移籍

7月3日、フィテッセに所属する張玉寧(Zhang Yuning)のイングランド・ウェストブロムウィッチ(WBA)への完全移籍が発表された。契約期間は5年間で移籍金は不明。張は英国労働許可が取得できないため、2年間ドイツ・ヴェルダーブレーメンへレンタルで加入する。
573f6e01f7c44b07bb8024ad453a363120170703191556.jpega43e633e6d5d40e98307ba8c50b9b2d920170703191548.jpeg

中国人選手の5大リーグ選手は2015/16にスペイン・ラージョに在籍した張呈棟(Zhang Chendong)以来。
ブンデスリーガ一部は楊晨(Yang Chen、フランクフルト)邵佳一(Shao Jiayi、1860ミュンヘン、コットブス)蒿俊閔(Hao Junmin、シャルケ)張稀哲(Zhang Xizhe、ウォルフスブルク)以来5人目となる。

張玉寧は1997年生まれのCF、杭州緑城で18歳でデビューし、カップ戦1試合1得点。この時彼を抜擢した監督は、フィリップ・トルシエ。2015年夏にフィテッセに加入し16年2月にデビュー。16/17シーズンは背番号9を背負ったものの、元オランダ代表ファンフォスウィンケルの壁は厚く控えで1得点に終わったが、オランダカップ優勝を経験した。2シーズンでエールディビジ通算24試合3得点、中国人として初得点を記録している。

185CMの長身と強靭なフィジカルが武器で、筆者が現地観戦した昨年アジア最終予選ではイラン相手に先発出場、得点はなかったが10歳前後年上で屈強なイランCB相手に互角に渡り合うどころか、競合いでモンタゼリを負傷退場に追い込んだシーンは彼のフィジカルの強さを示している。一方でそれ以降は得点なく、テクニックやスピード面での不足も指摘される。
ブレーメンのCFにはドイツ代表のクルーゼ(Max Kruse)がおり、不動の彼からスタメン奪うのは現実的ではないが、控えはどっこいどっこいなので途中出場で出番積めればいいなと

U16,U20代表を経て2016年6月にはトリニダード・トバゴ戦でA代表デビューし2得点など、通算9試合2得点。アジア最終予選でも3試合に先発出場するなどアジア列強との真剣勝負を経験している。
2016年にはU20世代ながらU23のリオ五輪予選でも主力を務め、A代表にも定着した。勿論彼自身の資質や努力もあるが、外国人天国で国産ストライカーが枯渇している現状が彼を押し上げた側面もある。

またこの移籍は中国市場を意識している点も否めない。ウェストブロムウィッチは中国資本が入っており、深センや貴州などでサッカータウンの建設計画や、香港へのプレシーズン遠征を予定している。

arXz-fyhskrq2142328.jpg
posted by ZZ at 00:20| Comment(2) | 国外組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする