2017年07月04日

■張玉寧、5大リーグ進出。ブレーメンへレンタル移籍

■張玉寧、5大リーグ進出。ブレーメンへレンタル移籍

7月3日、フィテッセに所属する張玉寧(Zhang Yuning)のイングランド・ウェストブロムウィッチ(WBA)への完全移籍が発表された。契約期間は5年間で移籍金は不明。張は英国労働許可が取得できないため、2年間ドイツ・ヴェルダーブレーメンへレンタルで加入する。
573f6e01f7c44b07bb8024ad453a363120170703191556.jpega43e633e6d5d40e98307ba8c50b9b2d920170703191548.jpeg

中国人選手の5大リーグ選手は2015/16にスペイン・ラージョに在籍した張呈棟(Zhang Chendong)以来。
ブンデスリーガ一部は楊晨(Yang Chen、フランクフルト)邵佳一(Shao Jiayi、1860ミュンヘン、コットブス)蒿俊閔(Hao Junmin、シャルケ)張稀哲(Zhang Xizhe、ウォルフスブルク)以来5人目となる。

張玉寧は1997年生まれのCF、杭州緑城で18歳でデビューし、カップ戦1試合1得点。この時彼を抜擢した監督は、フィリップ・トルシエ。2015年夏にフィテッセに加入し16年2月にデビュー。16/17シーズンは背番号9を背負ったものの、元オランダ代表ファンフォスウィンケルの壁は厚く控えで1得点に終わったが、オランダカップ優勝を経験した。2シーズンでエールディビジ通算24試合3得点、中国人として初得点を記録している。

185CMの長身と強靭なフィジカルが武器で、筆者が現地観戦した昨年アジア最終予選ではイラン相手に先発出場、得点はなかったが10歳前後年上で屈強なイランCB相手に互角に渡り合うどころか、競合いでモンタゼリを負傷退場に追い込んだシーンは彼のフィジカルの強さを示している。一方でそれ以降は得点なく、テクニックやスピード面での不足も指摘される。
ブレーメンのCFにはドイツ代表のクルーゼ(Max Kruse)がおり、不動の彼からスタメン奪うのは現実的ではないが、控えはどっこいどっこいなので途中出場で出番積めればいいなと

U16,U20代表を経て2016年6月にはトリニダード・トバゴ戦でA代表デビューし2得点など、通算9試合2得点。アジア最終予選でも3試合に先発出場するなどアジア列強との真剣勝負を経験している。
2016年にはU20世代ながらU23のリオ五輪予選でも主力を務め、A代表にも定着した。勿論彼自身の資質や努力もあるが、外国人天国で国産ストライカーが枯渇している現状が彼を押し上げた側面もある。

またこの移籍は中国市場を意識している点も否めない。ウェストブロムウィッチは中国資本が入っており、深センや貴州などでサッカータウンの建設計画や、香港へのプレシーズン遠征を予定している。

arXz-fyhskrq2142328.jpg
posted by ZZ at 00:20| Comment(2) | 国外組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする