2018年05月22日

■ACL2018 権健8強も、恒大、上港敗退

■ACL2018 権健8強も、恒大、上港敗退

2018年ACL決勝トーナメント1回戦、中国勢3チームが決勝トーナメント進出したが、天津権健と広州恒大の同士討ちに加えて、上海上港が鹿島アントラーズに敗退したためベスト8は1チームのみとなった。


・天津権健


現役時代ポルトガル黄金世代の一員だったがパウロ・ソウザ(Paulo Sousa)率いる権健、リーグ戦では11位と低迷する中、前監督カンナバーロ率いる恒大をアウェイゴール差で降し初出場でベスト8進出した。
プレーオフは相手に恵まれた印象で、グループリーグでは柏レイソルの低迷に助けられた感もあるが、優勝候補全北現代をホームで4-2撃破したのは大きな自信になっただろう。

ここまで18得点のうち、フランス人モデスト(Anthony Modeste)が5得点、元ブラジル代表パト(Alexandre Pato)が4得点を挙げているが、それ以外は中国人選手の得点で比率は50%
恒大(12/14,86%),上港(11/14,79%),上海申花(5/6,83%)と比べると外国人選手への依存度が低め。中国人選手も各年代の代表クラスを買い揃え、国内リーグなどで積極的にローテーションも行っている。
幸いにも?カップ戦敗退し、リーグ戦の希望も薄いため、昨年の浦和同様ACLに集中注力できるのが好材料。

権健は2016年に2部リーグを制し昇格、2017年に昇格1年目で3位に入り、2018年にACLベスト8進出、驚異的なことである。
また現行ACLで初出場でグループリーグ突破しベスト8進出は広州恒大、上海上港以来である。
更なる躍進に期待。
qj.jpg

・広州恒大

2年連続同国対決で敗退、監督ファビオ・カンナバーロ(Fabio Cannavaro)にとって昨年まで指揮した古巣相手。ACLに関しては無敗のまま敗退と同情の余地もあるが、加えて国内リーグでは
既に3敗喫し8連覇へ雲行きが怪しく、カップ戦では格下の貴州に敗退したこともあり、カンナバーロの地位はかなり危うい

恒大の課題点としては主力の高齢化。2013年、15年2度アジア制覇した当時から、ボランチ・DF・GKはほぼ不変。当時の中国代表トッププレイヤーを買い漁ったが、彼らが単純に歳をとったこと。
勿論若手や控えも獲得しているが、鄭智、郜林、黄博文、冯潇霆らの壁は厚く、中国人選手に関しては殆ど新陳代謝ができていない。
外国人でも2012年から在籍する韓国代表キムヨングォン(Kim Yonggwon)は近年パフォーマンスの低下が顕著で放出の噂が毎年でており、アラン(Alan)は国内リーグの報復行為で10試合出場停止。エースのグラル(Ricardo Goulart)は契約延長を拒否しブラジル帰国や欧州移籍の噂が絶えない。

なお、ACL敗退直後のリーグ戦では昇格組の北京人和に0-2で敗戦し今季3敗目を喫し5位。
2011年の1部昇格以来、11節時点で過去7年全て首位で、3敗以上喫しているのも初めて。
常勝軍団の非常事態に、人和戦後にオーナー許家印は激怒し夏の選手入替を指示したとも言われている。
523960475661311464.jpg


上海上港

ベスト16で鹿島に2年連続Jリーグクラブに敗退。初参加から3大会目で初めてベスト8進出を逃した。
春先は国内リーグ・ACLともに破竹の勢いで勝ち進んだが失速。
主力固定による疲労や怪我が大きく、現監督ヴィトール・ペレイラ(Vítor Pereira)はほぼ毎試合同じメンバーで臨んだ結果、ACL鹿島戦直前にフッキ(Hulk)、オスカル(Oscar)が立続けに負傷。1stレグではフッキが欠場、武磊、アフメドフ(Odil Ahmedov)ら他の主力選手も疲労が明らかで1-3の敗戦。更にこの試合でエウケソン(Elkeson)が負傷し、2ndレグは2-1で制したものの1点及ばず、怪我人がなければ・・の思いは禁じ得ない。

ペレイラにしても、前任ビラス・ボアス(Andre Villas Boas)、その前のエリクソン(Sven-Göran Eriksson)にしても、上港は毎年主力固定・一部選手への依存度が高いことにより、夏以降に疲労や主力の離脱で失速することを繰り返した。特にフッキ、オスカルの存在価値は誰もが認める所だが、一方で鹿島戦前に彼らを休ませることができなかったのは疑問。
幸い国内リーグでは首位、カップ戦も勝ち残っている。指揮官ペレイラには歴代監督の課題である【12番目】以降の選手発掘、主力選手のコンディション管理を改善し、念願の初タイトルを勝ち取り、来年アジアに再挑戦して欲しい。




posted by ZZ at 18:22| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。