2011年03月22日

巻誠一郎が深センに加入

日本メディアでも既報の通り、元日本代表FW巻誠一郎が1年契約で深センに加入、中超初の日本人選手に。
地震により予定より遅れてのトライアルとなったが、ネームバリューもあって即契約に至った模様。就任直後から日本人選手の獲得を熱望していたトルシエ監督の要望が実現した。
中超では初だが、中国でプレーした日本人選手は辻勇、藤吉信次、森永敏春以来
元セルティックのニュージーランド代表FWキレンとの2トップか。
他に楽山隆志(前ヒムキ=ロシア)米山篤志(前岡山)もトライアル中。
一方、加入したばかりのボリビアリーグ得点王のコロンビア人FWレイソノは戦術面で適応できず、合意の上1ヶ月で契約解消。
現在外国人枠はキレン、巻以外あと3人残っているが、日本人トリオ実現の可能性は大きい

http://sports.163.com/11/0322/14/6VOPVPNC00051C89.html
(ソース共同通信だけど。。)

深セン紅テン(ShenzhenRuby)は昨年リーグ16チーム中12位。
http://guojiadui.seesaa.net/article/187596358.html
↑この記事でも紹介しているが、鄭智、李偉鋒ら擁し04年にリーグ優勝、05年ACLで磐田、水原破りベスト4。しかし近年はスポンサーが代わり財政難の為毎年降格争い。
アクセスとしては、香港か広州から行くのが良いかと。奇しくも筆者自身昨年夏、深セン体育場でのホームゲームを観戦した。深セン駅からタクシーで10〜20分程

クラブ公式サイト↓
http://www.shenzhenruby.com/


・その他

・アヤックスが山東魯能に向け、正式に買提江のトライアルを打診。4月中旬に7日から10日のトライアル予定。一度は座礁しかけたが、実現の見込み。
昨年レンタル先の河南で活躍、ウイグル族として始めて国家隊召集。国奥隊ではブラジェビッチに評価されキャプテンマークも巻く。しかし選手層厚い山東では出番無く、左SBでも中盤でも控えが濃厚。ACLセレッソ戦も出番無し
・4月2日広州天河スタジアムで行われる2011年中超リーグ開幕戦(広州恒大VS大連実徳)及びセレモニー。チケットは50人民元から500人民元(約6万円)まで。セレモニーにはレディーガガやロナウドとも交渉していたが、折り合いつかず中国の著名な歌手や芸能人が集まる。
・国家隊と対戦するニュージーランド代表に深センのFWキレン、ホンジュラス代表に山東のFWレオンが選出された。
・江蘇舜天が28歳の元ペルー代表DFと契約。
















posted by ZZ at 20:01| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。