2016年10月24日

恒大6連覇/ACL出場チーム決定/天津権健昇格など

■広州恒大6連覇達成
第28節、広州恒大はマルチェロ・リッピ(Marcelo Lippi)代表監督が見守る中、ホームで延辺富徳と1-1でドロー。 
前日に2位江蘇蘇寧が引分ていたため勝ち点差7に広がっており、このドローで6連覇が決定した。2011年の昇格以来、「恒大王朝」はどこまで続くだろう。
666666666666666666.jpg
・雑感
ACLでの早期敗退で日程的に例年より余裕ができた点、他ライバルがこけて早い段階で独走状態になった点もあり、例年以上に「余裕」の優勝の印象強い。
内情は守備陣中心に負傷者相次いだが、控えにも代表クラスが揃う選手層の厚さと、パウリーニョ・グラル・鄭智といった中軸がフル稼働しチームを支えた印象。
個人的にMVPはパウリーニョ(Paulinho)、PA内で相手攻撃を潰したと思えば、次のシーンでは相手PA内に飛び出てゴールを決める。攻守に圧倒的存在感示したBoxToBoxMFは今季リーグ戦7得点挙げた以上の存在感。
今夏からはブラジル代表に復帰しスタメンに定着、これだけの実力者が中国にいて申し訳ないと思うくらい。
逆にいえばフル稼働している彼の離脱時はとても不安

・今後
来期は7連覇はさることながら、ACL優勝がノルマか。過去にも1年おきに優勝しており、来年はその周期にあたるが。
あと気になるのは監督人事だったが、就任内定していたリッピを代表に「献上」したこともあり、スコラーリ(Luis Felipe Scolari)監督の留任が濃厚。
優勝したとはいえACLでの早期敗退=ジャクソンマルティネスの起用方法など一部選手への固執=怪我人続出、若手選手の出番が無く伸び悩み・・・といった批判があるが。
今後の課題は世代交代、"全華班"(=外国人からの脱却、国産化)などあるが・・
革新が苦手?なスコラーリ監督がどう対処するのか気になる。

■ACL出場は江蘇、申花、上港
前述の通り優勝争いは早い段階で独走状態になったため、むしろACL出場を争う2〜4位争いに焦点があたった。
冬の"爆買い"で賑わせた江蘇蘇寧は、ティシェイラが徐々にフィットし、後半戦から加入したコロンビア代表FWロジャー・マルティネス(Roger Martinez)がヒット、2012年以来の2位&カップ戦でも決勝進出し恒大と争う。
リーグの1位、2位がカップ戦でも決勝争うため、リーグ3位、4位がACL出場権獲得することに。そこに上海の両雄が納まった。

注目は2011年以来出場権獲得の申花、エースのデンバ・バ(DembaBa)が既報の通り重傷で今季後半を棒に振ったが、代役務めたマルティンス(Obafemi Martins)、主将のモレーノ(Gio Moreno)、代表入り期待される曹赟定(Cao Yunding)らの活躍で3位を維持している。
率いるのは名将マンサーノ(Gregorio Manzano)北京国安時代にも決勝トーナメント進出しており、申花でも躍進を期待。

■2部優勝は天津権健

2部(中甲)は全日程を終了。最終節時点で1位〜3位が同じ勝ち点で並ぶ大混戦だった。

金満化した天津権健(Tianjin Quanjian)が前評判どおり優勝&昇格。とはいえ道のりは平坦でなかった。
開幕時に元ブラジル代表監督ルシェンブルゴ&同胞のルイス・ファビアーノ(元セビージャ、サンパウロ)、ジャジソン(元シャフタール)、ジェオヴァニオ(元サントス)とブラジル代表級3名+孫可、趙旭日、張鷺の中国代表経験者、張修維ら欧州にいた若手を補強
。補強金額は5億人民元(約76億円)と言われる。
序盤は快調だったが、折返しに差し掛かり7戦未勝利で一時11位まで転落した。ここでクラブはルシェンブルゴを更迭し、後任にはまさかのファビオ・カンナバーロ。知名度は劣らぬも監督としての経験実績は?だったが、元バロンドーラーは就任後14勝1分3敗と建て直し、最終節の勝利で優勝&昇格を決めた。
发.jpg
2位昇格は貴州智誠(Guizhou Zhicheng)
「貴州」といえば、2013、2014ACL出場しFAカップも制した貴州人和を思い浮かべるかもしれない。その人和も2部降格し、北京へ移転。「じゃない方」が昇格するとは、誰も予想しなかった。
最多得点は11ゴールのマゾーラ(Mazola)、そう元浦和レッズのブラジル人FWでありエース格。
ナイジェリア出身の香港代表CB法圖斯(Festus Baise)以外、フル代表経験者不在の平民集団。
過去の実績も無く、財政的に恵まれてるわけでもなく、有名選手がいるわけでもないが、監督の黎兵(Li Bing)の元、無名集団がまさかの昇格を果たした。

中国メディアで最も注目されたのは選手でなく、26歳の文筱婷オーナー。英国留学経験あり、
親会社である恒豊地産集団の宣伝部長、そこから「美女オーナー」に。彼女が何か「持ってる」のかも
oenrt.jpgopwner2.jpg

2部得点王は前述天津権健のルイス・ファビアーノ(22)、2010W杯でブラジルの9番背負ったベテランは健在だった。
一方で得点ランク上位は外国人が独占し、中国人最多は孫可の8点。中超(1部)より外国人枠が少なく、中国人選手の質が劣る分外国人の実力が成績にイコールする確立が高い。各クラブのFW、CBが外国人選手で固められているのは1部と同様。
ただ各チーム「長期的チーム作り」している余裕がなく、マネーゲームが年々高騰している状況。いつまで続くのだろうか

そういった点からも、冒頭の広州恒大の「世代交代」「国産化」に期待したいところ。
最強チームであり、現在のマネーゲームのきっかけを作った彼らの変化を期待したい。


posted by ZZ at 10:44| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。