2016年12月02日

リッピ初陣・カタールに痛恨のドロー

ロシアW杯アジア最終予選第5戦
16/11/15 中国0-0カタール @昆明

----------------------------9張玉寧(ZhangYuning)--------------------

--19張稀哲(ZhangXizhe)---------------------------7武磊(WuLei)-----

------16黄博文(HuangBowen)--------------15呉曦(WuXi)------------

------------------------10鄭智(ZhengZhi)-------------------------

3姜至鵬(JiangZhipeng)-----------------------------5張琳芃(ZhangLinpeng)

-------------2梅方(MeiFang)----------6馮瀟霆(FengXiaoting)-----

-----------------------1颜骏凌(Yan Junling)---------------------------

63'武磊→17曹贇定  73'張玉寧→22于大宝 82’黄博文→18郜林

Qatar:22-Alsheeb;2-Musa(87’12-Ismail)、15-Correia、16-Khouki、13-IbrahimMajid(C);6-Kasola、8-Assadalla(57’7-RodrigoTabata);17-Boudiaf、10-Haidos(76’14-Saeed)、18-Luiz;23-Sebastian

2週間空いちゃいましたが、カタール戦の記事を更新。
マルチェロ・リッピ緒戦であること、かつW杯出場の望み繋ぐためにホームで勝ち点3必須・・と注目された一戦。先月の2試合とは見違えるように出来は良く、支配率60%以上、20本以上のシュートを浴びせたもののCKから呉曦のヘッド、終盤鄭智のミドルなどポスト・バーに嫌われ0-0のドロー。呼び声高かった曹贇定(申花)が代表デビューし積極的に仕掛けて惜しいシュートはなつ。
内容は良かったけども、唯一ゴールが遠かった印象。

これで5試合勝ち点2でグループ最下位。3位ウズベキスタン(勝ち点9)とは7差を埋めなければならないが、ほぼ絶望的な状況になった。

リッピの手腕が、選手のコンディションが、、鄭智の復帰が、、とか諸々あるけども
「選ばれるべき選手を選び、選手たちが本来のパフォーマンスをした」だけに感じた。

高洪波時代、これまでの4試合における守備的過ぎた采配と、不可解な選手選考が悔やまれる。
高洪波に限らず、前任のペランも終盤は選手選考が不可解になった。過去の監督もそうで
監督個人の問題なのか、組織とかピッチ外の問題なのか・・が気になる。




posted by ZZ at 15:35| Comment(2) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年から肝心なところで度々ポスト・バー選手の妨害行為が……笑

選手選考は監督個人の問題だと思いますよ
両監督とも悪い意味で個性的でした
Posted by at 2016年12月02日 19:49
奇策が当たってしまったアジアカップの成功がぺランを狂わせたと思われるのでぺラン失速は理解できる。当時は調子のいいアタッカーいなかったし…

高洪波はリッピや予選カタール戦みたく最初から常識的な布陣で臨めば今頃3位を争っていたでしょう。経験豊富な選手を起用して守備を固めた采配には一貫性がありましたが見込み違いでしたね。
謙虚を通り越して卑屈過ぎたのではないかな?
Posted by 名無し at 2016年12月04日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: