2016年12月19日

【中国杯】代表メンバー発表

1月10日〜15日に広西省南寧で開催される「中国杯」の代表メンバーを発表。

時期の問題で恒大、江蘇、山東、北京など上位クラブの選手が召集されず、「新戦力発掘」というリッピの方針もあり、代表キャップなしは14人とBチームに等しい構成。今回ロシアW杯予選の出場選手は4人しか含まれていない。A代表キャップある選手は23人中6名のみ。合わせても31キャップ

中甲(2部)の大連一方、内蒙古、降格した杭州、中超の中位〜下位やU22代表も含まれた。
元福岡、富山の高准翼、2016年ファジアーノ岡山にレンタルされた王靖斌も招集。

・・上位クラブからの召集が除外された一方で、なぜか上港・申花の上海勢はガッツリ召集されておるのは不思議。(その後武磊・顔駿凌は除外)
彼らは2月からACLプレーオフ参戦予定で他チームよりスケジュールが厳しい。
上港はドバイ、申花は沖縄で年始からキャンプ実施予定だったが、主力を引抜かれる影響が心配。

なお同大会にはチリクロアチアアイスランドが招待されており、中国の緒戦は1/10にアイスランド。
流石にフルメンバーとは行かないが、チリはFWヴァルガス(ホッフェンハイム)カルモナ(アタランタ)ら欧州組5名、アイスランドもベスト8入りしたEURO2016の主力4名がメンバー入りしており
欧州南米の強豪相手に貴重な機会となるだろう。

また普段と違う「B隊」の選手たちの戦いぶりにも期待。

GK
石笑天(遼寧宏運)池文一(延辺)鄒徳海(杭州緑城)
DF
傅歓(上海上港)楊善平(遼寧宏運)柏佳駿、李建濱(上海申花)白岳峰(天津泰達)崔民(延辺富徳)ケ涵文(内蒙古)
MF
蔡慧康(上海上港)曹贇定(上海申花)恵家康、胡人天(天津泰達)尹鴻博(河南建業)池忠国(延辺富徳)汪晋賢(大連一方)裴帥、范暁冬(長春亜泰)高准翼(河北華夏)馮剛、陳中流(杭州緑城)
FW
王靖斌(広州恒大)毛剣卿(上海申花)

毛剣卿(MaoJianqing)の復帰は嬉しい。
元アビスパ福岡、カターレ富山の高准翼(GaoZhunyi)も昇格、リッピが視察したU22代表でキャプテン勤め見初められたか。
岡田武史が絶賛した陳中流(ChenZhongliu)、延辺&朝鮮族の2人も見てみたい。こっから最終予選のガチメンバーに食い込める選手が出てくるといいな

しかし相変わらずFWがいない・・
posted by ZZ at 17:17| Comment(2) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MF・DFはそこそこ有力な人材が揃っており若手もそれなりに伸びている。
一方でFWの圧倒的不足感、原因は明らかに大金を投じた強力外援が攻撃陣に集中するから。

これは良くも悪くも中国サッカー界が市場化(商業化・民営化)した影響、
そろそろ結果を総括し転換を図るべきではないかと思います。
Posted by at 2017年01月01日 19:07
コメントありがとうございます。

各年代でCFが不足した結果、U19の張玉寧がU23,A代表までスタメンで酷使されました。アジアユースやU23、代表最終予選の結果を見てクラブ首脳陣は何を考えておるのか聞きたいです。
デンババ怪我してテベスとって、高適や朱建栄やさらに若い国産FWの
出番は永遠にこないでしょう。

個人的には恒大から変わって欲しいですね 本土化を
Posted by 主 at 2017年01月03日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: