2017年06月23日

2017夏・爆買い抑止策A

■爆買い抑止策

・近年来全世界を席捲している爆買いに関し、中国サッカー協会はクールダウンに動いており
既報の通り今季開幕直前に「外国人選手は試合メンバー入り3人まで&U23の自国選手を最低一人先発せねばならない」決定をしたばかりだが、
この夏の移籍市場を前に新たな施策を打ち出してきた。

・営業利益赤字のクラブは、調査の上「移籍調節費用」を徴収する
*殆どのクラブが赤字のため、事実上全クラブ対象

・選手1人毎の移籍金、外国人4500万元(7.3億円)中国人2000万元(3.2億円)を制限とし、超えたクラブは「移籍調節費用」名目でペナルティ徴収
オーバーしないクラブも育成専用の銀行アカウントが必須となり定期的に協会が調査する。

目的は移籍金高騰の抑制、これは外国人選手だけでなく中国人選手も同じ。正直今の市場の状況では2000万元では代表クラスは到底買えない。
張呈棟(Zhang Chendong)が北京国安から河北華夏への移籍金は1.5億人民元(約24億円)。他の代表クラスも軒並み1億人民元近くに達する。
倹約令に近いものか


上記以外で、来期から中国協会が施策しているのは以下(現時点では正式決定ではないが、まあほぼ確定だろう)

・2018年シーズン、中超・中甲で1試合に起用するU23選手数は外国人選手数を下回ってはならない。

要はU23枠の強化であるが、以下のような抜け道?もあるため賛否両論がある。

・U23選手3名を先発させ、開始早々で外国人3人と交代する。もしくは外国人を先発させ終了間際にU23選手に替える。
まさかと思うが、実際今季多くのクラブではU23選手を前半のうちに交代、10分程度で交代する例も毎週発生しておる。上の例は本当にやりかねない。ていうか絶対やる

また反対論として、24歳以上の選手が犠牲になる点がある。
例えば2017年時点でU23の1994年生まれ選手は、2018年にはその恩恵にあずかれなくなる。せっかく1年間鍛えても・・


しかし中国ならではと思うのは、年始の外人枠削減にしても各クラブはおとなしく従っている。筆者の知る限り、クラブのオフィシャルや有名選手など誰一人抗議や疑問を投じず粛々と従っている
事前にある程度根回しをしていたのか、それとも極端なトップダウンである所以か。

いずれにせよ、性急すぎる印象のあるこうした策が未来へプラスに働くことを期待したい。

また選手と違い、監督や指導者にはまだ制限はかかっていない。
先日も江蘇蘇寧監督にファビオ・カペッロがやってきて、アシスタントにはザンブロッタ、ブロッキなどもいる。北京国安監督には前レバークーゼンのシュミットが就任した。
優秀な指導者が、チームの選手だけでなく、中国人指導者やスタッフ、クラブ全体にも良い影響を与えてくれることを期待してやまない。

DCwPR_XV0AEs1P2.jpg large.jpg
posted by ZZ at 14:57| Comment(1) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年から本格的に改革が動き始めましたね。外国選手だけでなく国内選手のバブル抑制策を適用したのは良い判断だと思う。
様子を見て至らざる所は来年また補強すればいいのでこの調子で頑張ってくれ。

まあ、はっきり言って自らクールダウンできないプロサッカー関係者には失望ですが、、、世の中舐めてると自分達の裁量権無くなりますよ。
Posted by at 2017年06月23日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: