2017年09月08日

W杯最終予選 カタールに逆転勝利も予選敗退

■W杯最終予選最終戦

カタール1−2中国 Akram Afif46 肖智73武磊84

僅かな希望を以てドーハに乗り込み、【天敵】カタールに劇的逆転勝利。

結果的にはシリアとウズベキスタンを逆転できず、勝ち点12の5位で予選敗退となったが、誰も批判する者はいない。前評判を考えれば十二分。
過去3大会最終予選に進めず、今回も3次予選で香港から1点も取れず瀕死状態から復活したことを思えば大満足の結果。

・三次予選でも瀕死の状態だった
・3大会ぶりの最終予選
・韓国に勝った
・中東アウェイで勝った


試合は予選敗退でモチベーション低下気味のカタールに優勢に進め、後半立ち上がりにスペイン・スポルティングヒホンに在籍したアクラム・アフィフに先制点を食らう。
リッピは相変わらず早い選手交代で動くと、74分途中交代の姜至鵬⇒肖智の広州富力コンビで追いつく
小智1-1.gif

しかし79分、カウンターを食らいPA外で決定機阻止した主将鄭智が一発退場
ZZ红牌.gif

万事休すかと思われたが、10人になってからこれまた途中出場の武磊の決勝点で逆転勝ちを収めた。しかも中東アウェイで、これは今後大きな自信になる。
WULEI 2−1.gif

1-曾誠;17-李学鵬(65分11-蒿俊閔)、6-馮瀟霆、2-任航(46分4-姜至鵬)、5-張琳芃;16-趙旭日、10-鄭智、19-張稀哲(56分7-武磊)、20-于漢超;18-郜林、9-肖智
  
卡塔尔:1-SAAD AL SHEEB;18-Abdulkarim Al-Ali(90分3-Abdelkarim Hassan)6-AHMED YASSER、16-BOUALEM KHOUKHI、4-ALI ALMAHDI(86分17-Ismaeel Mohammad);8-Assadala(78分20-Abdullah AL AHRAQ)、12-Boudiaf、23-Ahmed MOHAMED AL SAYED、11-Afif;10-Haidos、19-ALMOEZ ALI

■監督

・・・最初からリッピだったらというのはどうしてもあるけれども、それなら高洪波による最終予選進出もあったかわからない。
現時点の中国サッカーの実力からすれば、最終予選最終戦まで希望があった、その点だけで満足に値する。

リッピが就任した第5節以降の勝ち点11は、同組でイランに続く2位であった。流石に世界的名将とした言いようがない、

・・・・まあ6月のシリア戦ロスタイムの失点が無ければプレーオフだったけども・


当ブログをご覧の方々は承知と思うけども、4試合勝ち点1から、リッピ就任で勝ち点11を稼ぎ、天敵の韓国・ウズベク・カタールから勝利を挙げた。世界を制したマエストロ・リッピの功績は間違いない
高齢のリッピの契約は2019アジアカップまで、それまでにどこまで上積みできるか、今後に期待したい。

LIPPI.JPG

■鄭智
80分に決定機阻止で退場になった鄭智(Zheng Zhi)、十中八九彼の代表最終戦であろう。
2002年21歳で国内リーグMVP,深圳・山東・恒大で国内リーグを制覇し、恒大で2度のACL制覇&2013アジア年間最優秀選手。欧州行きも実現し、イングランド・プレミアリーグ(チャールトンで12試合1得点)、スコットランドの名門セルティックでもプレーした。中国歴代でも最高級の選手。
彼に欠けてたのは代表の実績、そしてアジア最終予選であった。
代表キャップ98は、李玮峰,郝海东,范志毅につぐ歴代4位。代表暗黒期を支えた彼には賛否両論あるけども、筆者も彼の退場シーンにはいろんな思い出がよぎった。

9o1d-fykpyuf9283779.jpg


posted by ZZ at 11:28| Comment(0) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

W杯最終予選H ウズベキスタンに勝利し最終戦へ望み繋ぐ

W杯アジア最終予選第9戦 中国1−0ウズベキスタン@武漢

崖っぷちの状態で、勝利以外は敗退決定の状況で終盤のPKで勝利し
最終節に可能性を繋いだ。


チケットは399元相当のチケットを、TAOBAO上で500元で事前に購入。割高だけども試合が試合だけに妥当か。席もとてもよかった。

筆者が住む上海・虹橋から高速鉄道で5時間余りで武漢へ、いったんホテル入って地下鉄で3号線・体育中心へ
ここは2年前の東アジア選手権以来だったが、当時はここまで地下鉄は通っておらずタクシーで向かった記憶。2年で鉄道網がここまで拡大するとは驚き
武漢は揚子江で分断された街だが、揚子江の下を地下鉄が通っている。

2017-09-01 15.46のイメージ.jpg
2017-09-01 15.46のイメージ (6).jpg

開始前、スタジアムでサポーターがバスを出迎え。

2017-09-01 15.46のイメージ (1).jpg

入場、驚いたのは全ての席に特別Tシャツとポスターがおかれていた。ポスターは折り畳み式で、ハリセンのようになり、試合中はそれをたたいて応援した。結構迫力あった。

2017-09-01 15.46のイメージ (4).jpg
2017-09-01 15.46のイメージ (5).jpg

リッピはスタメンにかつて指揮した広州恒大の選手を7名起用、かつ恒大時代在籍した趙旭日の途中出場を含めると8名。

ウズベキスタンは上港のアフメドフがキャプテンで大黒柱、両CBは国安のクリメツ&長春のいスマイロフ、CFのセルゲエフは昨年国安に所属している。

前半主導権を握りシュート12−2と圧倒。張稀哲がGKと1対1なったシーン、武磊のミドルなど好機もウズベキスタンGKネステロフの好守などにはばまれる。
リッピはハーフタイムで張稀哲、于漢超→肖智、趙旭日を投入。鄭智を最終ラインに下げ3−4−3で攻撃の手を強めたが、後半になるとウズベキスタンの攻撃に再三のピンチも、セルゲエフ、ジェパロフの決定機は枠を外したり、地元武漢出身のGK曾誠の好セーブでしのぐ。张琳芃が負傷し任航と交代、予選前半の先般っぷりからひやひやしたが無難にまもった。

そろそろ焦りがで出した84分、ようやく均衡が破れる。
セットプレー崩れから、馮粛霆がPA内で倒されPK獲得。これを郜林が沈め先制点
なおPK与えたのは長春所属のイスマイロフ、前節シリア戦では河南所属のサリヒにやられたが、今節では中超所属の外人選手に助けられた

終了間際に途中出場のゲインリフがフリーで合わせたシーンは心臓泊まるかと思ったが、幸いに枠外。
1−0で逃げ切り最終予選2勝目、試合後の武漢では中国サポーターの合唱が響き渡った。

---------------------18郜林----------------------------------
20于汉超(HT-9肖智)-------------------7武磊----------
--------19张稀哲(HT-16赵旭日)-11蒿俊闵-----------
----------------------10郑智(C)----------------------------------
17李学鹏-6冯潇霆-5张琳芃(70-2任航)-21邓涵文
-------------------1曾诚--------------------------------

-----------------11Sergeev(66-7Haydarov)--
--Shomurodov ---8Djeparov(86-15Geyinlikh))----4Bikmaev(79-10Rashidov)
----------17Shukurov---------9Akmedov-----------
19Denizov-2Krimets-5Izmailov-Tukhtakhodjaev
-------------------12Nesterov--------------------------

2017-09-01 15.46のイメージ (7).jpg

これで勝ち点9(得失点差-3)最終戦アウェイカタールに勝利する前提で、
ウズベキスタン、シリアが12なので両国が負けることが必須。かつ得失点差があるのでそれなりに点差も必要。ウズベクはホームで韓国、シリアはアウェイでイランと強敵相手とはいえ、そもそもアウェーでカタールに勝てるのかなあと・・

いずれにせよ過去3大会最終予選にすら進めなかったチームが、首の皮一枚とはいえ最終予選の最終節までW杯出場の望みをつないでることに幸せを感じている。

MC9o-fykpysa2390821.jpg
2017-09-01 15.47のイメージ.jpg
posted by ZZ at 21:07| Comment(1) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

ウズベキスタン、カタール戦代表メンバー発表

W杯アジア最終予選VSウズベキスタン(8/31@武漢)、カタール(9/5@ドーハ)に向けた代表メンバー
驚きは32歳のMF趙旭日(Zhao Xuri)の復帰、リッピにとり恒大時代の教え子で、今期権健で好パフォーマンス。またU23代表キャプテンの何超(He Chao)は初選出。

一方いずれも恒大の黄博文、梅方は怪我で今季絶望のため落選。シリア戦で1得点の呉曦も怪我か
1997生まれ張玉寧は最年少&唯一の国外組、U23世代からは前述の何超に高准翼、ケ涵文

GK曾誠(広州恒大)顔駿凌(上海上港)王大雷(山東魯能)
DF馮瀟霆、張琳芃(広州恒大)王燊超(上海上港)李磊(北京国安)姜至鵬(広州富力)任航、高准翼(河北華夏)ケ涵文(北京人和)
MF張稀哲(北京国安)尹鴻博(河北華夏)何超(長春)蒿俊閔(山東魯能)王永珀、趙旭日(天津権健)鄭智、于漢超(広州恒大)
FW武磊(上海上港)肖智(広州富力)張玉寧(ブレーメン)郜林(広州恒大)

*追記
王燊超が負傷、張玉寧がクラブとの兼ね合いで離脱。李学鵬(恒大)傅歓(上港)追加招集

ほぼ絶望的状況だが、一応3位でプレーオフの可能性はある。
・2連勝 まず大前提
・ウズベキスタンが韓国に最終戦敗れる 
・シリアが2戦で1勝もしない

1年半前、3次予選→最終予選のときも絶望的だったけども、可能性としてはその時と
あまり変わらない気がする。

リッピ率いるチームを、W杯出場の可能性をもっと享受したい。
posted by ZZ at 19:26| Comment(0) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする