2017年08月18日

ウズベキスタン、カタール戦代表メンバー発表

W杯アジア最終予選VSウズベキスタン(8/31@武漢)、カタール(9/5@ドーハ)に向けた代表メンバー
驚きは32歳のMF趙旭日(Zhao Xuri)の復帰、リッピにとり恒大時代の教え子で、今期権健で好パフォーマンス。またU23代表キャプテンの何超(He Chao)は初選出。

一方いずれも恒大の黄博文、梅方は怪我で今季絶望のため落選。シリア戦で1得点の呉曦も怪我か
1997生まれ張玉寧は最年少&唯一の国外組、U23世代からは前述の何超に高准翼、ケ涵文

GK曾誠(広州恒大)顔駿凌(上海上港)王大雷(山東魯能)
DF馮瀟霆、張琳芃(広州恒大)王燊超(上海上港)李磊(北京国安)姜至鵬(広州富力)任航、高准翼(河北華夏)ケ涵文(北京人和)
MF張稀哲(北京国安)尹鴻博(河北華夏)何超(長春)蒿俊閔(山東魯能)王永珀、趙旭日(天津権健)鄭智、于漢超(広州恒大)
FW武磊(上海上港)肖智(広州富力)張玉寧(ブレーメン)郜林(広州恒大)

ほぼ絶望的状況だが、一応3位でプレーオフの可能性はある。
・2連勝 まず大前提
・ウズベキスタンが韓国に最終戦敗れる 
・シリアが2戦で1勝もしない

1年半前、3次予選→最終予選のときも絶望的だったけども、可能性としてはその時と
あまり変わらない気がする。

リッピ率いるチームを、W杯出場の可能性をもっと享受したい。
posted by ZZ at 19:26| Comment(0) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

シリアに痛恨のドロー

■親善試合 フィリピンに大勝
中国8−1フィリピン
得点:任航3,肖智26, 于漢超44,王永珀54,尹鴻博56,張稀哲67,ケ涵文72.90 Bahadoran 33

6月7日、広州の天河体育中心でフィリピンを迎え親善試合を行い8-1で快勝。

近年移民、帰化選手の増加などで急成長しW杯予選でバーレーン、北朝鮮に勝利(フィリピンが北朝鮮破ったおかげで中国は最終予選進出できた、大恩人)したフィリピン相手に
この大勝は満足すべきだろうが、1失点したシーン以外にも何度もピンチ招いた守備面の不安、また来るW杯予選で対戦するシリアが同じ日にアウェーで日本と分けたこともあり手放しでは喜びにくい。

リッピ就任後重要される尹鴻博(河北)が1ゴール3アシスト、また途中出場のケ涵文(北京人和)がサイドバックながら2ゴール1アシスト、昨年戦犯だった任航(河北)が先制点あげるなど復帰、希少な国産CFに32歳の肖智(富力)がデビュー&ゴールと
ポジティブな要素も多いが、この試合に関しては相手が相手、シリアや強敵相手に通用するかは疑問 フィリピンもパティーニョ(河南建業)ら国外組不在でベストメンバーでなく、コンディションも悪く本来の力ではなかったようだが。

個人的には王燊超(上港)の代表デビューが嬉しい。上港の生え抜きでキャプテン、今日はCBとしてフル出場したがクラブでは両SB,中盤までこなすマルチロール。守備が怪しいという評判もあるが経験値や攻撃面は魅力で、今まで各年代の代表歴なかったのが以外。守備陣の貴重な戦力になればいいかと

中国(4-3-3):23-王大雷;4-姜至鵬、2-任航、3-王燊超、13-趙明剣(46’21-ケ涵文);11-蒿俊閔(C)(64’10-張稀哲)、16-黄博文(46’15-呉曦)、8-尹鴻博;20-于漢超(46’7-武磊)、22-肖智(46’9-張玉寧)、14-王永珀(56’18-郜林)。
Philipines:16-Deyto;2-Munoz(46’22-Kenshiro Daniels)、5-Mike Ott(62’18-Hikaru Minegishi)、6-Woodland、7-Ramsauy、8-Manuel Ott、9-Bahadoran、10-Philip Younghusband (C)(62’17-Arboleda)、11-Daisuke Sato(32’19-Christiaens)、12-Aguinaldo(46’4-Tacusalme)、23-James Younghusband(22’14-Ingr


■最終予選 シリアに痛恨のドロー
シリア2−2中国
得点:Al Mawas12PK,Al Salih93 郜林68呉曦75
6月13日、アジア最終予選アウェイのシリア戦。アウェイといってもシリアの政情不安により中立地マレーシア・マラッカ開催のため華僑が多い土地柄もあり
準ホームのようなもの。中国にとっては勝ち点3必須の一戦。

リッピはスタメンに代表2試合目の王燊超、3試合目のケ涵文を大胆起用、一方でCFには代表で長らく結果が出せずとくに公式戦に限れば8年間得点がない郜林を起用したのは意外。
鄭智が不在のためキャプテンは馮瀟霆

前半に曾誠がPA内で相手を倒し、PKを与え先制許すが、終始主導権を握ると後半CKから張琳芃が倒されPKを獲得すると、郜林決め同点。リッピは早い段階で肖智と姜至鵬を投入すると、姜至鵬のクロス⇒肖智の落とし⇒-呉曦が決めて逆転に成功する。
そのまま逃げ切りたいところだったが、ロスタイムにPA外で蒿俊閔のファイルとられてFK与えると、シリア主将のサリヒ(河南建業所属)に見事なFK決められ土壇場で痛恨の失点。2−2のドロー

1-曾誠;3-王燊超、6-馮瀟霆(C)、5-張琳芃、21-ケ涵文(65分4-姜至鵬);16-黄博文(83分11-蒿俊閔)、15-呉曦、10-張稀哲(56分22-肖智);7-武磊、18-郜林、20-于漢超
SYRIA:1-Alma;2-Salih、3-Ajan、5-Omar Midani、6-Jenyat;9-Al-Mawas、12-Fahd Yousef(80分11-Kalfa)、14-Haj Mohamed、18-Zaher Midani;20-Mobayed(63分21-Nakdali)19-Mardikian

カタールが勝ったため、中国は5位⇒最下位に転落した。しかし残り2試合で全勝&シリアが1勝もできない&ウズベキスタンがイラン(アウェイ)で敗れれば3位でプレーオフの可能性がある。
限りなく薄い可能性だが、過去3大会最終予選にも進めず、今大会も2次予選で香港と分けて絶望的状況だった点を鑑みて、残り2試合でまだ可能性がある。これだけで嬉しい

元々本気でW杯出場できるとは思っていなかったが、ここまで来たら惜しくなるのと、もっとリッピのチームを見たい。
今大会を逃したとしても、2019アジアカップ、そして願わくば次回大会予選までリッピの代表を見続けたい。

兎に角次は8/31武漢でウズベキスタン戦、全力を傾けるしかない。

sc-x-fyfzhap5581564.gif

Wf_M-fyfzsyc2767980.jpg
posted by ZZ at 15:22| Comment(4) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

イランに敗戦

■ロシアW杯アジア最終予選 3/27@テヘラン
イラン1-0中国  46Taremi

−−−−−−−−−−−−9張玉寧−−−−−−−
18郜林-----20張稀哲--------22于大宝---
−−−−−-10鄭智-------15呉曦------
4姜至鵬−6馮瀟霆−3梅方−5張琳芃
------------1曽誠-----------------

HT’張玉寧→7武磊 張稀哲→16黄博文 48’呉曦→17尹鴻博


IRAN:1-Beiranvand;21-Ghafouri(75'23Rezaeian)8Pouraliganzi、15Montazari、2Mohamadi;6Ezatolahi、7Shojaei、18-Jahanbakhsh(88'Amiri)9Emrahimi、17Taremi;16-Ghoochannejhad(72'20Azmoun)

連勝を狙ったが、アウェイ・アザディスタジアムでのイラン相手は厳しく0-1で敗戦。
リッピはFW3人を先発させ、強気な采配。前半は曽誠の攻守など0-0で耐えたが、HTで2人交代すると後半開始30秒で失点&この流れで呉曦が負傷交代で交代枠使い切ってしまうという不運。
その後もイランに押し込まれながら時折反撃を見せた。終盤CKから梅方のドフリーヘッドが決まっていれば・・
しかし内容的には0−1でよくすんだ内容、リッピをしても実力差は如何ともし難く、納得の敗戦か。

これでイランはグループ首位&2位に勝ち点差7とW杯出場はほぼ確定。何より最終予選7試合無失点は脅威的。
ティムリアンとデジャガーが選外、アズムンを温存し(途中交代)それでもオランダリーグで得点量産するグーチャジネハドがいて、オリンピアコスのアンサリファルドは出番なし。この攻撃陣はアジア屈指
GKベイランバンドのロングスローも印象的だった、ロングスローで即攻撃のチャンスを作れる、驚異的な存在。

中国は勝ち点5で5位、プレーオフ圏内の3位ウズベキスタン(12)と7点差だが、シリア戦・ホームでの直接対決を連勝すればウズベクはアザディでイラン&韓国戦を残しているため充分逆転の可能性はある。
韓国に負けていれば敗退決定だった、1勝してて本当によかった。おかげでまだ少し夢を見ることができる・・
posted by ZZ at 11:42| Comment(2) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする