2017年12月05日

2017年中超振返り

2017年中超リーグが終了。ざっとシーズンを振返り

・広州恒大7連覇

28節で貴州智誠に5−1で勝利し、2節残して7連覇決定。
夏にパウリーニョが退団し、主力の黄博文・梅方が負傷でシーズン絶望に、終盤には出場停止者続出ながら調子を落とすことなくゴールイン。今季限りで退任するルイス・フェリペ・スコラ―リは在任中リーグ3連覇と有終の美を飾った。一方でACL、カップ戦で上港に敗れた印象も強い。
後任には前監督のカンナバーロが決定。権健で多くの若手を抜擢した元バロンドーラーには結果だけでなく、育成も期待されている。
WeChat Image_20171022231410.jpgWeChat Image_20171022231356.jpgDOKL1ReU8AAri0e.jpg


2位上海上港は夏ごろに何度か並ぶチャンスを逃したこと、アウェイで勝ち点を落とし過ぎたことが悔やまれる。オスカルの8試合出場停止はじめ、監督や選手の出場停止が多く後半戦調子を落とした。
またフッキ、オスカルへの依存度が高く、特に前者の個人能力に疑いは無いがあまりに持ちすぎて、後半戦は彼が攻撃を停滞させる場面が多かった。かつ監督ビラスボアスはフッキへの依存を解消できなかった点が悔やまれ、彼が不調or抑えられたACL浦和戦は象徴的だった。(ビラスボアスはシーズン終了後辞任)

またACLで準決勝敗退、リーグ・カップ戦いずれも準優勝に終わった。残念ながら無冠に終わったが、過去未勝利だった恒大をACL,カップ戦で蹴落としたことは来年以降の戴冠に向けて大きな自信となっただろう。武磊はキャリアハイの20得点を記録、代表定着した王燊超、傅欢、贺惯ら下部組織出身者が台頭したのも朗報。


・ACL出場権

前述の広州恒大、上海上港に続く3位は天津権健昇格1年目にしてACL初出場を決めた。
当然ながら資金力があり、ベルギー代表ヴィツェル(Axel Witsel)元ブラジル代表アレシャンドレ・パト(Alexandre Pato)、夏にはケルンで大迫勇也の相棒だったフランス人モデスト(Anthony Modeste)、中国人選手も王永珀、孫可、趙旭日らを擁し、昇格組とは思えない戦力を有していた。

しかし最優秀監督賞を受賞したファビオ・カンナバーロ(Fabio Cannavaro)が評価されたのは、若手選手を積極登用しながら結果を残したこと。鄭達倫が6得点、劉奕鳴はCBでレギュラーなどU23選手の起用時間は全16チーム中2位(1位は河南)来年は広州恒大監督就任が確定しているが、マンネリ感ある恒大でも世代交代が期待される。(権健の次期監督には元ポルトガル代表パウロ・ソウザが就任決定済)
mVqA-fypathz6108381.jpg
残る1チームは足協杯を制した上海申花が2年連続出場。リーグ11位ながらカップ戦決勝で宿敵?上港とのダービーを制した勝負強さ。テべスの処遇など不安あるが、名門クラブの戦いぶりに期待。
GUARIN-GIO.jpgWeChat Image_20171126235327.jpg


・残留争い


最終的には遼寧宏運、延辺富徳の2チームが降格。いずれも東北地方の比較的【貧乏】チームであり戦力的にも財力的にもやむなしの印象。しかし遼寧は90年に中国勢で初めてアジア制覇するなど歴史ある名門。延辺は土地柄朝鮮族主体で昨年昇格時旋風を巻き起こした。両者とも早い復活を期待したい。

昨年リーグ・カップともに準優勝と優勝候補に挙げられた江蘇蘇寧はまさかの大低迷で残留争いに巻き込まれるも、崔竜洙の後任監督ファビオ・カペッロ(Fabio Capello)、彼が獲得したカメルーン代表主将ムカンジョ(Benjamin Moukandjo)の活躍もあり難を逃れている。


・得点王争い


広州富力のザハウィ(Eran Zahavi)が27得点で初の得点王&この活躍が評価されリーグMVPも受賞。
セリエAでもプレー経験あるイスラエル代表主将は、目立ったフィジカルがあるわけでもないが、とにかく正確無比なシュートで得点を量産。広州富力の躍進に貢献した。
SiEr-fynstfh5685305.jpg

2位にはグラル(Ricardo Goulart恒大)ラベッシ(Ezequiel Lavezzi河北)武磊(上港)の3人がいずれも20得点。
特筆すべきはラベッシ、得点だけでなく15アシストでアシスト王に。河北の全得点中6割超を生んだ計算になる。昨年鳴り物入りで加入も10試合0得点で後半は負傷でメンバー外になりながら2年目で爆発した。
ランキング上位は相変わらず外国人アタッカーの中に武磊が1人。キャリアハイの20得点を記録した。逆に上位20人で中国人は彼一人だけ、二桁得点記録したのも彼1人なのだが・・



・大物外国人たち&外国人枠削減の影響


世界最高給(約49億円)で上海申花に加入したカルロス・テべス(Carlos Tevez)、現時点で公式戦20試合4得点、チームはACLプレーオフ敗退、リーグは近年最悪の11位、ホーム虹口スタジアムではメンバー発表時背番号32にブーイングが浴びせられる状況になっている。申花にとって惨憺たるシーズンになっており、全てが彼の責任とはいえないが、投資金額的に致し方ないかもしれない。前述の同胞ラベッシのように2年目のリベンジを期待。

上海上港に加入したオスカル(Oscar)若く【現役バリバリ】だけあって圧倒的な技術、視野で上港の快進撃を導いた。しかし広州富力戦での非紳士的行為で8試合出場停止を食らってからパフォーマンスも評価も急落したのは残念。

既報の通り協会の規制策で過去に比べて所謂【爆買い】は大きく減った。2017年夏の移籍金総額は5844万€と昨年夏比75%減少した。
来年以降、以前のようにガンガン大物外国人が来ることは難しいと思われる。

また外国人枠の削減(1試合の出場3人まで)により、事実上AFC枠が削減されたことで、多くのAFC枠選手が出番を大幅に減らした。

例えば広州富力にいた張賢秀(Jang Hyunsoo)は昨年まで絶対的レギュラーであったが、今季は公式戦出場2試合で夏にFC東京へ復帰した。ウズベク代表のレギュラーCBクリメツ(Egor Krimets)昨年北京国安で28試合出場したが今季は5試合のみで、シーズン後退団している。
彼らのように多くのAFC枠代表クラスがベンチにすら入れない例が続出(このことが韓国代表の低調を招いた?)今オフには多くの流出が予測される。

例外は上海上港のウズベキスタン代表主将アフメドフ(Odil Ahmedov)。フッキ・オスカルに続く3人目をエウケソンから奪い、大きく評価を高めた。攻守に欠かせない存在となっている。

外国人枠削減でもなお外国人選手への依存度はなお高く、中超16チーム中、武磊擁する上海上港(47%)除く15チームは全得点中外国人得点率は過半数となった。特に江蘇、河南、延辺、遼寧といった残留争いのチームは70%超えと【外人様】依存度が高くなっている。

反面、今年はパウリーニョがバルセロナに高額で移籍し活躍している。【中超】からバルセロナへの移籍、という時点で画期的なこと。元々ブラジル代表主力の実力者とはいえ、中超の世界的ステータスがあがったとみてよいだろう。

・U23枠


開幕直前に導入されたU23枠(1994年以降生まれ選手を必ず1名先発・1名ベンチ入り)、
しかしデータ上は昨年のU23選手と比較して出場時間・人数(94→71人)共に減少している。
これはまず1993生まれが結構粒ぞろいだった点、また多くのクラブがU23枠選手を前半早い時間で交代させていた例が頻発していたためか。
ただ延辺、遼寧、江蘇蘇寧などU23枠選手を早々交代させていたチームは低迷し、主力として積極起用した天津権健、河北、富力、貴州智誠などが躍進したことは、若手を育てることの重要性を暗示していたかもしれない。

因みに2018年以降は更に強化され、外国人選手出場数はU23出場選手数を上回ってはならない方針になるといわれているが、現状は未定。しかし何かしらの大きなルール変革はあるだろう。


*なおU23選手のデータについて、Jリーグ・Kリーグと比較したデータがあったので参考まで
人数、時間、得点、いずれもJリーグが首位で、U23政策にも関わらず中超は最下位。
U23あ.jpgU23い.jpgU23う.jpg

J、Kと比べ外国人アタッカーに恵まれている、代表選手に国外組皆無などの事情はあれ、若手の機会という面では大きな差がある現実


・名監督たち

所謂【爆買いバブル】が落ち着き始めた中、選手でなく監督の力量の重要さを感じた。

テべス、グアリン、モレーノ、マルティンスらを擁しながら降格間際になった上海申花の元凶は指揮官グスタボ・ポジェ(シーズン中に辞任)にあることは否めない。テべスに固執してACLプレーオフを落とし、モレーノ・グアリン・曹赟定ら個人の力に依存したサッカーはグアリンの負傷とモレーノの疲労蓄積で夏場にリーグ戦5連敗で降格も見える事態になった。

一方昇格組の貴州智誠、2部でも中堅以下の戦力で昇格したのも驚きだったが、ダントツの降格候補が9位と躍進したのは、元クロアチア代表イェラビッチ(Nikola Jelavic)など選手の活躍もさることながら、名将マンサーノ(Gregorio Manzano)の手腕が大きいだろう。
長期的な底上げには指導者の育成が必要、彼らのような超一流指揮官の元で中国人指導者が育つことを期待

・懲戒の嵐

今季中超では毎試合のように、何かしらよう懲戒処分があり、通告は計92回、選手たちの出場停止累計247試合、罰金212万元(3640万円) 
第2節に上海申花の秦升(Qin Sheng)がヴィツェルを踏みつけ半年出場停止(になったのを皮切りに、前述オスカルの例は日本でも報じられたが、それに抗議・擁護した監督ビラスボアス、フッキ、武磊も各2試合ずつ出場停止になった。
北京国安のトルコ代表ブラク・イルマズ(Burak Yilmaz)も江蘇戦での報復行為で5試合出場停止。夏の退団の遠因と推測される。

選手だけでなく、恒大の優勝監督スコラ―リは審判抗議でベンチ入り禁止になり、優勝決定戦を指揮できなかった。同じ試合で相手の延辺監督パク・テハも処分を受けている。
このように無名の若手からオスカル、スコラ―リまで、今季はまさに懲戒の嵐だった。協会は近年ラフプレー、八百長といった【悪いイメージ】払拭に躍起になっているが、いちいち処分が重すぎじゃないかなと。恐怖政治になってきている。
posted by ZZ at 15:22| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

ACL準決勝 上港VS浦和 現地

既報の通り、2017ACL準決勝第1戦は上海体育場で行われ、1−1のドロー。
上海上港はフッキのミドルで先制も、浦和レッズは柏木陽介が同点弾。
後半上港が一方的に押し込み、シュート本数21−3も追加点ならず。
上港としては痛い、浦和としては充分なドローで10/18の2NDを迎える。

試合内容については多くのところで報じられているだろうから、試合前後、データ面を中心に

とりあえず現地に行ってきました。
DKuEg-fVAAAd4uK.jpg

チケットは事前にTAOBAOで購入、180元の席を事前だったので165元(約2800円)で購入。
当日指定された喫茶店で、名前と電話番号を伝えて引き渡し。
当日は結構ダフ屋もたくさんいたけども、大一番で高騰が予想されたため事前に手配した。
DKuAoclU8AE2liV.jpg

試合まで時間あったので、面識ある浦和サポーターのPさんと合流
途中でたまたま青島啤酒(ACLスポンサー)のイベントブースを発見したため、2人で乗り込む。
DKuTZbvUQAA3YgQ.jpg

QRをスキャンし、携帯ゲームでゴールを決めればビール貰える・・というもので
ゴールはなかなか決まらなかったけども、熱意?が通じてガバガバビールを頂いてしまった。
DKuTZbmU8AARr4Y.jpg

下記、上海上港柄の特別ビールが欲しかったけども当日売りは無かったため断念
DKuDKWqU8AM5E92.jpg

ちなみに日本以上にACLへの注目度高い中国では、試合数日前に五星体育のスポーツ番組で
なかなか綿密に浦和紅宝石の特集をしていた。

【爆買い!】【急成長!】【フッキ!オスカry!】同じようなフレーズばかり繰り返す
日本メディアと比べれば、スポーツ報道の質ははっきり中国が上。

だいたいいつまで【広州】【上海】って略してんだよ、じゃああんたら欧州CLで【マドリード】【マンチェスター】って略すのか。。

DKkqCweVYAA6mgJ.jpg
WeChat Image_20170930092809.jpg

上港は準々決勝で広州恒大をPK戦の末下し、出場2回目で初めてのベスト4進出

ただ恒大戦で退場した2名含め3名が準決勝第1戦出場停止に。
特に正GK顔駿凌(YanJunling)、キャプテンで普段サイドバック起用のDF王燊超 (WangShenchao)、このレギュラー2名の停止はあまりにも痛い・・
DJl82NoV4AAcUE1.jpg

両チーム先発

上港は顔駿凌に代わるGKに、ACLのWSW戦に出場しずっとベンチに控えていた孫楽(SunLe)でなく、何と陳威(ChenWei)を起用。1998年生まれ19歳、かつプロデビュー戦がACL準決勝 失点は柏木のシュートが見事だったと思うし、あとは全般に浦和を押し込んだためそれほど見せ場は無かったが、まあまあのパフォーマンスで
ビラスボアスの期待に応えた。

王燊超の左SBには魏震(Wei Zhen)、1997生まれで今季デビューした下部組織出身のDFだが本職はCB。攻撃面での貢献は皆無で、攻守に大きな存在感放った王燊超の欠場は結果的にあまり見せ場無かったGKよりも影響大きかったかも。
ビラスボアスは53分に魏震を下げてMF,FWが本職の于海(Yu Hai)を投入してから左サイドから多くのチャンスが生まれたのを見ても、左サイドバックについて保守的過ぎたのではと惜しまれる。

WeChat Image_20170930092823.jpgWeChat Image_20170930092819.jpg

またここ数試合メンバーを外れ監督と不仲説もあったエウケソン(Elkeson)は先発も、前半の好機にフッキと重なる不運もあり殆ど見せ場無く、72分呂文君(Lv Wenjun)と交代。一方でアフメドフ(Odil Ahmedov)は特に後半MOM級のパフォーマンスを見せ、87分に李聖龍(Li Shenlong)と交代するまで浦和に脅威を与えた。
国内リーグでは外人枠起用は3人まで、フッキ・オスカルに続く三人目がアフメドフ>エウケソンに成らざるを得ない点は誰もが納得したと思う。

浦和は槙野がフッキを見て、中盤は積極的にオスカルを圧して、普段と比べてオスカルは窮屈に見えた。
早めにアウェイゴールを奪ってから守備的な姿勢をとったせいか攻撃面はあまり見るもの無かったが、
ホームで攻撃的に来れば、若い上港守備陣にとって大きな試練になる。
長澤和輝は初めてプレイみたけどいい選手だなと思いました。槙野は大人しく守備してれば体も強く凄くいいDFだなと、フッキを上手く抑えていたし
当然ながら選手の技術レベルも高く、改めてなぜこのメンツでなぜJで優勝争いしていないのかと・・

http://sports.sina.com.cn/china/afccl/2017-09-28/doc-ifymmiwm0361890.shtml
↑この記事でも取り上げられているが、浦和サポーターは約700人ながら統率とれた応援で圧倒的多数の上港より声が出てたんじゃないかと。
上港はクラブの歴史が浅く応援スタイルまだ定着していない?のかとも思うが、Jの応援は見事で特に中超の新興クラブは学んでほしい(模倣するのでなく・・)

WeChat Image_20170930092815.jpg

上港は今季公式戦ホームは国内リーグで2分(2−2恒大、0−0権健)以外全勝だった。」ドローは痛恨ではあるが、上港も浦和もお互い攻撃的であり、浦和もホームとはいえガンガン前に出るだろう。撃ち合いが予想されるためまだ分からない。個人的にも浦和が埼スタでこけたところを何度も見ているので・・

ちなみに気になったので2015年以降ACL決勝Tにおける、1STホームで引分けたチームの成績を調べたが
8勝7分、アウェーゴール許したケースに限ると5勝2敗
というわけでまだまだわかんないので、2NDに期待!

DK2tBlaVoAEi6F0.jpg

上海在住者として、上海でACL決勝が見たいし、アジア制覇のトロフィー掲げるシーンが見たい。
勿論浦和は素晴らしいチームだが、上港の方がアジア制覇・CWCのアジア代表に値するチームと思っている
申し訳ないがJで中位に沈むチームに、東アジアトップを取らせるわけにはいかない
posted by ZZ at 11:28| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

パウリーニョ、バルセロナ移籍

■パウリーニョ、バルセロナ移籍

paulinhoobrigado.jpg

広州恒大のパウリーニョ(Paulinho)が噂通りスペイン・FCバルセロナへ移籍。
8/13の河南戦を前にチームメイトに別れを告げ、バルセロナ入り。翌14日バルセロナ、恒大双方オフィシャル発表。
WeChat Image_20170817125815.jpgWeChat Image_20170817125820.jpg
1988年生まれのパウリーニョは2015年夏にトットナムから加入、ブラジル代表で師事したスコラ―リ監督のもとで以降公式戦95試合28得点5アシストを記録。
同年のACL制覇、中超連覇などに大きく貢献。
ボランチながら攻守に活躍、ゴール前で相手のチャンスを潰した次のシーンでは相手ゴールを陥れる。
2015ACL柏戦の強烈FKや,今年は鹿島との2戦で2得点などJのファンにも印象強いだろう。
また怪我や出場停止は皆無、2016年はリーグ戦全試合先発出場した鉄人。

かつ中超在籍中にブラジル代表に復帰、W杯予選ウルグアイ戦ではハットトリック達成するなど
レナト・アウグスト(北京国安)らと共に【中国にいてもセレソンに定着】した点でも画期的。

金額面のメリット

移籍金4000万€(51億円)は破格、恒大としては勿論アジアのクラブが得る移籍金で歴代最高額とのこと。しかも売り先はあのバルセロナである
なお、年俸は700万→500万€にダウンした模様。
既知の通りネイマールのPSG移籍で収入があったことも関係あるだろう(バルサに彼が必要なのか?は当ブログの趣旨からとは関係ないのでノーコメント)

なお、パウリーニョはトットナムから加入時は1400万€と格安だったため、差益で+2600万€(33億円)を稼いだ。
彼以外にも恒大は、
ムリキ(アトレチコミネイロから350万$で加入⇨900万$でアルサッドに放出)+550万$(6億円)
エウケソン(ボタフォゴから520万€で加入⇨上海上港に1700万€で放出)+1180万€(15億円)
に続き、選手売却で利益を確保している。他の多くの選手では損しているけども・・

・バルセロナが中超の選手を獲得したこと

とにかくこの点で画期的、天下のバルサが即戦力として中国でプレーする選手を獲得したこと(まあ中国云々以前にブラジル代表レギュラーなんだけども)
これが画期的。つい先日鄭智や郜林と一緒にやってた選手がもうすぐメッシやスアレス、イニエスタとチームメイトになるのである。


・懸念
攻守に数人分の働きをして居た彼の離脱は戦力面の痛手、かつ移籍確定当日の河南戦で代役候補の黄博文が骨折して今期離脱。中盤センターは37歳鄭智に、若い廖力生、徐新の実質3人。ACL、リーグ、カップ戦控える恒大に暗雲立ち込める。
それでもパウリーニョを売った恒大の英断には拍手を送りたいし、代わりに出番増えるであろう廖力生、徐新がこのチャンスに躍進することを期待。


パウリーニョ、個人のパフォーマンスだけでなく、チームで勝ち取ったタイトル、去り際に大金を落とした点、セレソン定着、バルセロナ移籍により中国サッカーのステータスを上げた点
諸々鑑みてここ数年で【中超最高の外国人選手】と言ってもおかしくないだろう。
【中国産】のパウリーニョが、バルセロナまたはブラジル代表の一員としてより飛躍することを期待。

paulinhozc.jpg
posted by ZZ at 13:58| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする