2017年11月22日

セルビア・コロンビア戦

■セルビア・コロンビアに連敗

11月10日にセルビア戦@広州、0−2で敗戦。

中国:12-顔駿凌;5-張琳芃、6-馮瀟霆(C)、16-鄭錚、17-李学鵬(87’ 3-傅歓);20-于漢超(46’ 9-肖智)、11-蒿俊閔(46’ 15-呉曦)、21-趙宇豪(55’ 29-趙旭日)、19-尹鴻博(66’ 14-王燊超);7-武磊、18-郜林(74’ 22-于大宝);
塞尔维亚队:1-Vladimir Stojkovic;2-Antonio Lukavina、6-Branislav Ivanocic (C)(73’ 5-Milos Veljkovic)3- Miloš Simonović、18-Ivan Obradovic;4-Nemanja Gudelj、20- Sergej Milinković-Savić;10- Dušan Tadić、22- Adem Ljajić(83’ 7- Nenad Krsticic)、17- Filip Kostić(60’ 19-Andrija Zivkovic);9-Alexsander Mitrovic(84’ 8-Aleksander Prijovic)


11月14日にコロンビア戦@重慶、0−4で敗戦。

中国:12-顔駿凌;14-王燊超(46’ 28-賀慣)5-張琳芃、6-馮瀟霆(C)、4-姜至鵬(63’ 16-鄭錚);11-蒿俊閔(34’ 3-傅歓)、29-趙旭日(70’ 19-尹鴻博)、15-呉曦;7-武磊、9-肖智(46’ 18-郜林)、22-于大宝;
哥伦比亚队:12-Jose Cuadrado;22-Jefferson Lerma、13-Yerry Mina、23-Davinson Sanchez(72’3-Oscar Murillo)18-Frank Fabra(75’ 25-Eder Alvarez);8-Abel Aguilar(65’ 5-Wilmar Barrios)、6-Carlos Sanchez(C)、20-Giovanni Moreno、19-Duvan Zapata(46’ 16-Miguel Borja);17-Edger Pardo(72’ 26-Aviles Hurtado)、7-Carlos Bacca(68’ 14-Andres Uribe)


・W杯予選敗退後の所詮、鄭智は負傷欠場も、W杯出場権獲得した格上相手とあって若返りはあまりなし。
趙宇豪(河北)傅歓、賀慣(共に上港)が代表デビュー 鄭錚は久々

・就任後アジア勢との対戦ばかりだったリッピが格上相手にどう戦うか興味深かった。4-3-3と3バックを使い分け、
セルビア戦はまだ互角にチャンスも作っていたが、コロンビア戦は完敗。ハメス・ロドリゲス、ファルカオらを欠く相手に手も足も出ず・・という感じ。
両試合とも武磊が奮闘し相手ゴールを脅かしたが、得点は奪えず。

・両国との実力差を見せられたこともさることながら、最新のFIFA世界ランキングで
順位で抜いた韓国も同時に両国と対戦し1勝1分。韓国にも間接的に差を見せつけられてしまった。

・セルビアは天津泰達のグデリ(Nemanja Gudelj)、コロンビアは上海申花のモレーノ(Giovanni Moreno)と両チーム中超所属選手が先発出場した。
試合後にはモレーノが呉曦(元申花でチームメイト)とユニフォーム交換する一幕も

次は12月の東アジア選手権

WeChat Image_20171122144118.jpgWeChat Image_20171122144112.jpg
posted by ZZ at 15:50| Comment(0) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

ACL準決勝 上港VS浦和 現地

既報の通り、2017ACL準決勝第1戦は上海体育場で行われ、1−1のドロー。
上海上港はフッキのミドルで先制も、浦和レッズは柏木陽介が同点弾。
後半上港が一方的に押し込み、シュート本数21−3も追加点ならず。
上港としては痛い、浦和としては充分なドローで10/18の2NDを迎える。

試合内容については多くのところで報じられているだろうから、試合前後、データ面を中心に

とりあえず現地に行ってきました。
DKuEg-fVAAAd4uK.jpg

チケットは事前にTAOBAOで購入、180元の席を事前だったので165元(約2800円)で購入。
当日指定された喫茶店で、名前と電話番号を伝えて引き渡し。
当日は結構ダフ屋もたくさんいたけども、大一番で高騰が予想されたため事前に手配した。
DKuAoclU8AE2liV.jpg

試合まで時間あったので、面識ある浦和サポーターのPさんと合流
途中でたまたま青島啤酒(ACLスポンサー)のイベントブースを発見したため、2人で乗り込む。
DKuTZbvUQAA3YgQ.jpg

QRをスキャンし、携帯ゲームでゴールを決めればビール貰える・・というもので
ゴールはなかなか決まらなかったけども、熱意?が通じてガバガバビールを頂いてしまった。
DKuTZbmU8AARr4Y.jpg

下記、上海上港柄の特別ビールが欲しかったけども当日売りは無かったため断念
DKuDKWqU8AM5E92.jpg

ちなみに日本以上にACLへの注目度高い中国では、試合数日前に五星体育のスポーツ番組で
なかなか綿密に浦和紅宝石の特集をしていた。

【爆買い!】【急成長!】【フッキ!オスカry!】同じようなフレーズばかり繰り返す
日本メディアと比べれば、スポーツ報道の質ははっきり中国が上。

だいたいいつまで【広州】【上海】って略してんだよ、じゃああんたら欧州CLで【マドリード】【マンチェスター】って略すのか。。

DKkqCweVYAA6mgJ.jpg
WeChat Image_20170930092809.jpg

上港は準々決勝で広州恒大をPK戦の末下し、出場2回目で初めてのベスト4進出

ただ恒大戦で退場した2名含め3名が準決勝第1戦出場停止に。
特に正GK顔駿凌(YanJunling)、キャプテンで普段サイドバック起用のDF王燊超 (WangShenchao)、このレギュラー2名の停止はあまりにも痛い・・
DJl82NoV4AAcUE1.jpg

両チーム先発

上港は顔駿凌に代わるGKに、ACLのWSW戦に出場しずっとベンチに控えていた孫楽(SunLe)でなく、何と陳威(ChenWei)を起用。1998年生まれ19歳、かつプロデビュー戦がACL準決勝 失点は柏木のシュートが見事だったと思うし、あとは全般に浦和を押し込んだためそれほど見せ場は無かったが、まあまあのパフォーマンスで
ビラスボアスの期待に応えた。

王燊超の左SBには魏震(Wei Zhen)、1997生まれで今季デビューした下部組織出身のDFだが本職はCB。攻撃面での貢献は皆無で、攻守に大きな存在感放った王燊超の欠場は結果的にあまり見せ場無かったGKよりも影響大きかったかも。
ビラスボアスは53分に魏震を下げてMF,FWが本職の于海(Yu Hai)を投入してから左サイドから多くのチャンスが生まれたのを見ても、左サイドバックについて保守的過ぎたのではと惜しまれる。

WeChat Image_20170930092823.jpgWeChat Image_20170930092819.jpg

またここ数試合メンバーを外れ監督と不仲説もあったエウケソン(Elkeson)は先発も、前半の好機にフッキと重なる不運もあり殆ど見せ場無く、72分呂文君(Lv Wenjun)と交代。一方でアフメドフ(Odil Ahmedov)は特に後半MOM級のパフォーマンスを見せ、87分に李聖龍(Li Shenlong)と交代するまで浦和に脅威を与えた。
国内リーグでは外人枠起用は3人まで、フッキ・オスカルに続く三人目がアフメドフ>エウケソンに成らざるを得ない点は誰もが納得したと思う。

浦和は槙野がフッキを見て、中盤は積極的にオスカルを圧して、普段と比べてオスカルは窮屈に見えた。
早めにアウェイゴールを奪ってから守備的な姿勢をとったせいか攻撃面はあまり見るもの無かったが、
ホームで攻撃的に来れば、若い上港守備陣にとって大きな試練になる。
長澤和輝は初めてプレイみたけどいい選手だなと思いました。槙野は大人しく守備してれば体も強く凄くいいDFだなと、フッキを上手く抑えていたし
当然ながら選手の技術レベルも高く、改めてなぜこのメンツでなぜJで優勝争いしていないのかと・・

http://sports.sina.com.cn/china/afccl/2017-09-28/doc-ifymmiwm0361890.shtml
↑この記事でも取り上げられているが、浦和サポーターは約700人ながら統率とれた応援で圧倒的多数の上港より声が出てたんじゃないかと。
上港はクラブの歴史が浅く応援スタイルまだ定着していない?のかとも思うが、Jの応援は見事で特に中超の新興クラブは学んでほしい(模倣するのでなく・・)

WeChat Image_20170930092815.jpg

上港は今季公式戦ホームは国内リーグで2分(2−2恒大、0−0権健)以外全勝だった。」ドローは痛恨ではあるが、上港も浦和もお互い攻撃的であり、浦和もホームとはいえガンガン前に出るだろう。撃ち合いが予想されるためまだ分からない。個人的にも浦和が埼スタでこけたところを何度も見ているので・・

ちなみに気になったので2015年以降ACL決勝Tにおける、1STホームで引分けたチームの成績を調べたが
8勝7分、アウェーゴール許したケースに限ると5勝2敗
というわけでまだまだわかんないので、2NDに期待!

DK2tBlaVoAEi6F0.jpg

上海在住者として、上海でACL決勝が見たいし、アジア制覇のトロフィー掲げるシーンが見たい。
勿論浦和は素晴らしいチームだが、上港の方がアジア制覇・CWCのアジア代表に値するチームと思っている
申し訳ないがJで中位に沈むチームに、東アジアトップを取らせるわけにはいかない
posted by ZZ at 11:28| Comment(0) | 中超リーグ・ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

W杯最終予選 カタールに逆転勝利も予選敗退

■W杯最終予選最終戦

カタール1−2中国 Akram Afif46 肖智73武磊84

僅かな希望を以てドーハに乗り込み、【天敵】カタールに劇的逆転勝利。

結果的にはシリアとウズベキスタンを逆転できず、勝ち点12の5位で予選敗退となったが、誰も批判する者はいない。前評判を考えれば十二分。
過去3大会最終予選に進めず、今回も3次予選で香港から1点も取れず瀕死状態から復活したことを思えば大満足の結果。

・三次予選でも瀕死の状態だった
・3大会ぶりの最終予選
・韓国に勝った
・中東アウェイで勝った


試合は予選敗退でモチベーション低下気味のカタールに優勢に進め、後半立ち上がりにスペイン・スポルティングヒホンに在籍したアクラム・アフィフに先制点を食らう。
リッピは相変わらず早い選手交代で動くと、74分途中交代の姜至鵬⇒肖智の広州富力コンビで追いつく
小智1-1.gif

しかし79分、カウンターを食らいPA外で決定機阻止した主将鄭智が一発退場
ZZ红牌.gif

万事休すかと思われたが、10人になってからこれまた途中出場の武磊の決勝点で逆転勝ちを収めた。しかも中東アウェイで、これは今後大きな自信になる。
WULEI 2−1.gif

1-曾誠;17-李学鵬(65分11-蒿俊閔)、6-馮瀟霆、2-任航(46分4-姜至鵬)、5-張琳芃;16-趙旭日、10-鄭智、19-張稀哲(56分7-武磊)、20-于漢超;18-郜林、9-肖智
  
卡塔尔:1-SAAD AL SHEEB;18-Abdulkarim Al-Ali(90分3-Abdelkarim Hassan)6-AHMED YASSER、16-BOUALEM KHOUKHI、4-ALI ALMAHDI(86分17-Ismaeel Mohammad);8-Assadala(78分20-Abdullah AL AHRAQ)、12-Boudiaf、23-Ahmed MOHAMED AL SAYED、11-Afif;10-Haidos、19-ALMOEZ ALI

■監督

・・・最初からリッピだったらというのはどうしてもあるけれども、それなら高洪波による最終予選進出もあったかわからない。
現時点の中国サッカーの実力からすれば、最終予選最終戦まで希望があった、その点だけで満足に値する。

リッピが就任した第5節以降の勝ち点11は、同組でイランに続く2位であった。流石に世界的名将とした言いようがない、

・・・・まあ6月のシリア戦ロスタイムの失点が無ければプレーオフだったけども・


当ブログをご覧の方々は承知と思うけども、4試合勝ち点1から、リッピ就任で勝ち点11を稼ぎ、天敵の韓国・ウズベク・カタールから勝利を挙げた。世界を制したマエストロ・リッピの功績は間違いない
高齢のリッピの契約は2019アジアカップまで、それまでにどこまで上積みできるか、今後に期待したい。

LIPPI.JPG

■鄭智
80分に決定機阻止で退場になった鄭智(Zheng Zhi)、十中八九彼の代表最終戦であろう。
2002年21歳で国内リーグMVP,深圳・山東・恒大で国内リーグを制覇し、恒大で2度のACL制覇&2013アジア年間最優秀選手。欧州行きも実現し、イングランド・プレミアリーグ(チャールトンで12試合1得点)、スコットランドの名門セルティックでもプレーした。中国歴代でも最高級の選手。
彼に欠けてたのは代表の実績、そしてアジア最終予選であった。
代表キャップ98は、李玮峰,郝海东,范志毅につぐ歴代4位。代表暗黒期を支えた彼には賛否両論あるけども、筆者も彼の退場シーンにはいろんな思い出がよぎった。

9o1d-fykpyuf9283779.jpg


posted by ZZ at 11:28| Comment(0) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする